薪ユーザーによる森林整備活動に参加

平成26年9月27日(土)、薪ユーザーによる森林整備活動に参加しました。

埼玉県環境部みどり自然課が主導して、入間市宮寺にある「さいたま緑の森博物館」の森林整備を実施。博物館といっても展示物はほとんどなく、自然博物館だ。

今回整備作業をするのは、薪ユーザーなど、木を利用したい人たちを募集して集めたメンバー。

Jpeg

今回は下草刈りを行った。

2年前に伐採をした場所が雑草で覆われてしまったので、下草を刈ってあげることで、木の成長を促すことができる。

Jpeg

午前中と、午後の少しの時間でだいぶ綺麗になった。

JpegJpeg

この活動の趣旨としては、木を利用することからスタートする里山の再生ということだ。

さいたま緑の森博物館は、雑木林や湿地、田んぼなどの武蔵野の風景が広がる場所。そのなかの雑木林を維持するために、定期的な伐採をしている。

その伐採をした木は、放置され腐るだけだったのだが、数年前から我々JWS(日本薪ストーブユーザー会)のメンバーで運び出して薪として利用させてもらっていた。

しかし、数名のメンバーで運び出せる量などたかがしれている。

今回の活動は、県が薪ユーザーに伐採した木を配布するのを条件として、森林整備活動に参加してもらおうという事を実験的に始めたもの。うまくいけば、もっと多くの木の利用ができるだろう。

さて、木を利用することから里山の再生をしたいわけだが、そもそも「里山」とは何か?

里山というのは暮らしの中で利用する薪や炭を手に入れるために、人間が木を育てて管理してきた森林を指した言葉だ。

日本では、薪や炭を利用した生活が長く続き、煮炊きや暖房を賄ってきた。しかし、エネルギー革命と称して、石油、ガスの利用に切り替わり、今ではオール電化で電気に置き換わっている。

その結果、薪炭利用は激減し、利用されない里山は伐採され、造成し住宅などに変わった。わすかに残った里山も人の手が入らない事でやはり崩壊した。

伐採しても崩壊し、伐採しなくても崩壊するとはどういう事か。

里山の木を伐採しないで放っておくと、木が成長しすぎてしまうのだ。

里山の木(クヌギやミズナラなど)は、薪や炭として利用するために毎年伐られているが、伐るのは10年~20年生のものだ。

伐ったあとにはどうするか。植林?いやいや、植林ではなくそのまま放置するのだ。

放置しても、木を伐った切り株から新しい芽が生まれ新しい木が成長して、10年~20年後には、薪や炭として利用できるだけの大きさの木になる。

伐った切り株から芽が出る事を、「萌芽更新」という。

Jpeg

これは、2年前に伐ったクヌギ。切り株の脇から新しく3本の木が成長している。

Jpeg

高いところでは5mほどに成長している。この場所は日当たりもよく、周りに木もないので成長がはやいのかもしれないが、10年もすれば十分な大きさに成長しそうだ。

ここで人の手が入る。3本のうちの成長の良い1本か2本を残して伐ってあげれば、より早く成長するだろう。畑で作物を育てる時の間引きと同じだ。

さて、ここで面白い写真をご覧いただきたい。

Jpeg

これは、萌芽更新したクヌギの木から10mほど離れた場所にある、同じクヌギ。

なんとこれで6~7年生との事だ。

実は、このクヌギは植林したもの。苗木として3~4年育てたものを3年前に植林したそうだが、これしか成長していない。萌芽更新したクヌギと違い、薪として利用できるのは何年後になるのだろうか見当もつかない。。。

この植林したクヌギの場合、まだまだ栄養をためる力がすくないので、下手をすると雑草の勢いに負けて枯れてしまうそうだ。だから、春・夏・秋と年に3回ほどの下草刈りが必要になるとの事。

一方の萌芽更新したクヌギは、それほど頻繁にやらなくてもあまり雑草に負けないので、手間もかからない。

薪炭利用のために里山を維持するとしたら、萌芽更新なしでは成り立たないってことだ。この萌芽更新をうまく利用することで、日本人は生活の中のエネルギーを再生してきたわけです。

巷で言われる再生可能エネルギーって、もう以前からずっとそこにあったのですよ。

さてさて、話はもどって伐採しなかったために里山が崩壊したっていう件ですが、放置された里山の木は、20年ほどで伐られるところが、誰も伐らないためどんどんと木が成長してしまった。その多くは50年生、60年生となったが、これは人間と同じ高齢化したってことです。

高齢化した木を伐っても萌芽更新がおきません。高齢化出産が難しいのと同じですね。

若いうちに木を伐ってあげないと、木の循環がとまってしまうわけです。だから、今の里山は姿はあっても、里山としての循環は崩壊してしまっているわけです。

木を伐ることは森林破壊だと安直に考える人もいるが、里山の場合、木を伐ることで里山の循環を促すことになるのですね。

とはいえ、まだ萌芽更新してくれる木も残っているので、とりあえずは古い木は伐って、新しい里山を時間をかけて再生していくことが我々の使命だと思っています。

新しい木を育てるために、古い木を伐ること。下草刈りをして木を育てること。木を利用する人が増えれば、この森林整備を一緒にやってくれる人も増えるのかなと思うので、薪ストーブユーザーが増えるのは大歓迎です。

森林整備なんかしないよ、薪は買えばいいさっていうお金持ちも歓迎です。薪が売れれば商売が成り立つので、山にかかわる人が増えるってことに繋がるし。

薪ストーブは使わなくても、里山の状況を理解してくれて、木を伐ることが森林破壊じゃないっていう事を知ってくれるだけでも嬉しいです。

良く整備された里山は美しいよ。私が暮らしている場所は里山というよりも山里で、雑木林も少なく、植林された針葉樹がほとんど。

でも、いつか美しい里山になったらいいな・・・。ちょっと楽しみにしておこうっと(^^)

地元で薪狩り&六角ヤスリ

今日は地元繋がりでの薪狩りです(o^-‘)b

名郷にあるコーヒー紗蔵をやっている女性のご主人が伐採サービスをしており、紗蔵にコーヒー豆を卸しているヤナギコーヒーに話が来て、私にも声がかかったというわけだ。とにかく、地元繋がりなので嬉しいのだ!

飯能市内へと向かう道沿いにあるお宅の庭木を伐採したものを頂けるのだが、庭木といっても、直径50cmオーバーの樫はなかなか手に入るものではないです♪

30~40cmで玉切りしてありますが持ち上がるものではありませんf^_^;

そこで、さらに小さくして運びます。

まずはチェーンソーで十字に切れ込みを入れました。

半分も切れ込みを入れておけば、後は斧で容易く割れます。

これで一輪車に載せて軽トラまでは50m位運びますが、平地なので問題ないです。いつもキツイ傾斜地で作業しているので、これくらいはレベル2位かな。楽勝です(^.^)

さて、最近噂の六角ヤスリを使ってみました!

ネットで1250円は丸ヤスリの四倍程度です。

肝心の切れ味ですが、これはgoodですね!

素人にも目立てが簡単で、丸ヤスリ以上に切れます。切れ味も結構持続するように感じました。もちろん、刃物は研ぎが最も重要ですから、上手な人ならば丸ヤスリでも同様の効果は得られるとおもいますが、我々素人には良い道具を使う事で上手に近づけるのであれは、使ったほうが良いと思います。

縦に切ったときの切りかすです。結構長く削れていて良好でしょ。

はい、これはオススメです。

小川町での伐採とか煙突掃除とか・・・

3月6日と16日に小川町の鷹巣という地区にて、JWSのメンバーと伐採&薪狩りを行いました。

これで軽トラック2回分。木の種類は「ニセアカシア」だそうです。

今回は2回とも1本ずつ自分で伐採もさせてもらいました。1本は20mオーバーで樹齢が50年超という大物。倒れるときの迫力にビビりますw

まずは「受け口」を切ります。倒れる方向が決まるので3回に分けて向きと水平などを確認しました。直径の1/4から1/3くらい切ります。

次に「追い口」を入れます。このまま切っていくと倒れますが、安全のために最後は楔を使ったりもします。通常はもっと根っこに近い地面から20~30cmの高さで伐りますが、木の中央に”うろ”があり、中が予想できないので、あえて高い位置で切っています。

はい。もうすぐ倒れるので皆さん離れて!倒れはじめたら自分もダッシュで退避です。

”ひゅ~”という風切音の後に、ずずっ~ん!と地響きが轟きます。下敷きになると多分死にます。

右側が受け口、左から追い口が入り、ギザギザの部分が弦(つる)になります。この弦を残した状態でたおすことで、弦が蝶番の役割をしてくれて、ゆっくりと倒れたり、方向をコントロールしたりします。年輪の数は50以上。

得意顔で記念撮影です。我ながらうまくいきました。翌週にもっと細い木を1本伐りましたが、そちらも思った方向に倒せたので今回は合格です。

さて、本日は今シーズン2度目の煙突掃除です。

煙突ダンパーを付けて燃費が良くなったのはいいのですが、煤が良くつくようで煙突の引きが弱くなったので、面倒がらずに作業です(笑)

まずは煙突トップを外してブラシでゴシゴシ。結構取れます。

「とうさん、あんな高いとこに上って降りてこられるのかなぁ・・・」と我が子も心配そうに見上げています。

「心配するな、息子よ!とうさんは立派に仕事をしたぞ」と得意顔。

ストーブ内部に落ちた煤です。ごっそり!

これで今夜からまた快調に焚けるぜ(^^)v

煙突ダンパーを取り付けた

最近のブログは、ウクレレネタばっかりだったので、久しぶりに薪ストーブで一席。

うちの薪ストーブは、吾野で薪ストーブを作っている「浅見ストーブ」の物だが、鋼鉄製で1次燃焼のみの構造なので、なんでもよく燃やせる。導入した理由は、地元の杉・ヒノキなどの針葉樹も燃やしたかったからだが、最近は、針葉樹でもちゃんと乾燥した薪ならば、鋳物のストーブでも問題ないことを知った。

そんなストーブだが、我が家の煙突がストレート6mのため、煙の引きも良く、熱が煙突からどんどん登って行ってしまう。2次燃焼や3次燃焼の仕組みがあるストーブでは、薪から発生するガスまで燃やすので、同量の薪から得られる熱量が多くなるのだが、1次燃焼のみのストーブではその効果はない。

その場合、燃料の消費がはやい。燃費が悪いという事は、薪集めが大変って事だ。

そこで、煙突ダンパーを取り付けることにした。

まずは、せっかくなので1年ぶりの煙突掃除。煤はそれほど多くなかったかな。

取り外した煙突を切って、煙突ダンパーが入るように調整

ダンパー部分と元の煙突の組み合わせを試行錯誤して、結局このような形になった・・・というか、この組み合わせしか収まらない。多分ダンパーは逆さまになっていると思うが、得られる効果は同じだろうから問題はない。

レバーを縦にするとダンパーが開いている状態。横にすれば閉じる。中間にして排気の量を調整できるので、そのあたりは使いながら覚えていくしかない。

はい、完成。

せっかくなので、ストーブの向き・位置も変えてみた。なかなか新鮮で良い感じだ。

煙突ダンパーを使ってみると、今までよりもゆっくりと薪を燃やすことができている。これは今シーズンの薪の消費量が変わりそうだぞ!

煙突ダンパーの値段は、7,500円だったが、これは安い買い物だな♪

一斗缶エコストーブのテストばーにんぐ

ヤナギコーヒーにて、楽山人の皆さんと炎天下でテストしてみた。着火は簡単だ。キャンプの火おこしで苦労する方にお勧めかも。焚き付けが勝手に燃えてく感じかな。

しばらくすると、煙突への吸い込みが強くなるので、焚口からの煙はなくなる。熱がほとんど上の煙突へ向かうわけだ。そうなれば、煙突上部での炊事が可能になる。投入する木の量は少ないのに、結構火力が強い。お湯を沸かしたり、ご飯を炊いたりするのには十分だろう。

夕方、場所を移動して松原さん宅でも客人に披露。お湯を沸かしてみた。

薬缶いっぱいに水を張っているのに、10分~15分もあればお湯が沸くかな。しかも、投入したのは木端だけ。本当に燃費が良い。

薪ストーブを13シーズン焚いてきているが、この燃料効率には大変驚かされる。電機やガスが止まっても、薪ストーブで炊事ができると思っていたが、このロケットストーブの効率を知ってしまうと馬鹿らしいくらい無駄な気がする。

毎日の炊事のエネルギーは、ちょっと山に柴刈りに行けば簡単に手に入るってことだ。これは年をとってもやっていけるレベルといえる。画期的だな。まったく素晴らしい。

薪ストーブユーザーの友達にも試してほしい。来シーズンの薪狩りには必ず持って行って皆に披露することにしよう。

そういえば、ヤナギコーヒーに来ていた入間市の奥様達が、とても感心してくれて、是非ワークショップを開いて作り方を教えて欲しいって!まったく、このエコストーブの威力はすごいな♪

炊事用のエコストーブを作ってみた

里山資本主義」に感銘を受けて、早速エコストーブを作ってみた。

エコストーブといっても、一般的にはロケットストーブと言った方が通りがよいだろう。

ペール缶などで作る方が本格的だが、一斗缶が余っていたので、せんべい缶と組み合わせて作った。

作り方はネットにゴロゴロあります。参考にしたのはここ->

煙突とパーライトはホームセンターで購入。3千円位。

煙突のつなぎ目に苦労したが、製作時間は1時間~2時間もあればできてしまう。

ただ、猛暑日に作るもんじゃないね、汗が止まらないよ。今日は朝9時で31度だってさ。。。

しかし、作ったものは試してみたい!ということで、午後は仲間のところに持って行って試し焚きをしてみよう。

はい、馬鹿と言っていただいて結構です。自覚してますから(笑)

薪運搬車の改造

今日は、株式会社発研の社長にお願いして、軽トラックのリフトアップをした。

予定では、5cmのリフトアップパーツを作るつもりだったが、特別な工具などを使わずにすませるため、3.5cmのアップとなった。さらに、タイヤを12インチから13インチに変更したので、トータル5cm弱のリフトアップになった。

事前に、5cmの長さの円柱の金属パーツを用意しておいたが、それを3.5cmにカット。サスペンションの上に差込み、その上部には3角形にカットした鉄板がのっている。

リアのシャックルも4cmほど長くなった。こちらは、鉄板を切り出してから、強度アップのため中央に鉄棒を溶接してある。

大体半日作業で、コストは2万円ほどだ。

しかし、発研の社長はさすがは発明家。その場その場で最適な方法を考え、手際よく作業を進めていった。

自分でも鉄板をカットしたり、穴あけや研磨、塗装などを手伝いながらの作業は、とても新鮮で楽しい。

そもそも、このリフトアップの提案者である、薪ストーブの先輩、川田のアニキも手伝いに来てくれて、いろいろ解説をしてくれたので、ありがたかったな。

とりあえず13インチのスタッドレスタイヤを履いているのだが、イボイボタイヤにするか、アニキが言うには15インチ位のホイールにすると走破性が高くなるしカッコいいそうだ。まぁ多分スピードメーターは狂うだろうが、そんなことはほぼ関係ないだろう。

とにかく、次はタイヤをなんとかしよう。そしてホイールのサビ落としと塗装もかんがえるかな。なんといってもこれは遊びなので、ジャンジャンお金をかけるのもどうかと思う。まぁ適当にやっていこう。

薪棚がほぼ一杯

薪集めが順調すぎて、新しく作った薪棚が、もういっぱいになりそうだ。

まだ割っていない玉も残っていて、それは別の場所に入れるのだが、次に薪狩りに行くとあふれることは間違いない。

また薪棚を増設しなくては・・・。

出張から戻ったら、ウッドデッキの拡張工事をする予定なのだが、その後はすぐに薪棚を作ろう。

畑も耕してあるので、野菜の苗を植えたいし、田舎暮らしは忙しいのだ。