これは楽山人のバイブル的な本だ!

楽山人の一人、長谷川さんが紹介してくれた本。仲間内で回し読みするつもりだったが、これは買って持っていた方が良いという松原さんの意見にしたがい、とりあえず3冊購入。順番を待たずに読み始めた。

里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21) [新書]
amazon->

今半分ほど読み進めてきたが、これは素晴らしい本だ。すべての日本人に読んでほしいが、私の周りで言うと、薪ストーブ仲間に特に読んでほしいな。

「里山資本主義」という言葉は、筆者の造語だが、ようするに「マネー資本主義」で進んできた世界が行き詰まりをみせるなか、別の価値観で動き始めた人々を総称して表している。

これは、マネー経済を否定するわけでもなく、江戸時代の暮らしに戻ろうという話でもない。

ただ、世界の投機マネーに左右される暮らしから、人とのつながり、自然とのつながりの中に、マネー経済とは別の経済だったり、暮らしを創ることで、安心できますよという話なのだ。

特に、過疎の田舎に暮らすものとしては、いままでの中央に搾取され続けてきた田舎の山間部、農村部こそが、これからの価値観の先進地に成り得るという話には勇気づけられる。

早い話、お金に養ってもらうのではなく、山や川、その大地すべての自然に養ってもらう暮らし方だ。そして、今の言葉で言えば、その2つのハイブリッド型の暮らしの提案でもある。

薪ストーブユーザーなら知っている人も多いが、山の木は伐っても森林破壊にはならない。なぜなら、ナラやクヌギなどの炭や薪にしてきた広葉樹は、伐採後1年後には新芽が吹いて新しい木として育ち始める。これを萌芽更新といって、30年もすると元の姿に戻るのだ。

だから、30年後に元に戻るように適切に木を伐っていくことは、何もせずに放置するよりも健康な山造りになる。今の山は人の手が入らないので、光が差し込まない暗い山になってしまっている。暗い山では下草が生えず、雨のたびに地表が削られて、木々の根っこが無残にむきだしとなっている。

そんな山にこそ、これからの先進的なエネルギー、建築材の可能性があり、なによりも、安心があるのだという主張だ。本当に良い本に出会えたと思う。

ちょっとでも気になる人は迷わず読まれることをお勧めします。

これが本当の「冷えとり」の手引書

進藤 義晴さんの書いた「冷えとり」の本。

本書にも記載がありますが、患者の依存心の強さに困り果てて、病院を閉めたそうです。

たしかに、半身浴の間が退屈だとか、ぬるめの湯がだんだん冷たくなるとか、靴下の重ね履きをしたら靴はどうしたら良いのかなど、自分で考えて自分で対処すればよい事まで、全部医者に頼るようなひとは、自然療法は無理かもしれない。

そういう人は、なんでもやってくれる西洋医学の病院に行って、思う存分依存して多くの料金を払って、挙句の果てに治らないと文句を言っているのが関の山だな。

病気は自分で治すもの。医者が治せるものではない。

病気は自分の生活を見直して、自分と向き合うためのありがたいメッセージなのだと、改めて気付かされる。

今、「冷えとり」による好転反応の「めんげん」で結構大変だが、それもこれも自分の生活習慣が悪いから。因果応報なのだ。

それでも、なかなか悪習慣は治らない。己の弱さを痛感する。

和食薬膳のすすめ

武 鈴子(たけ りんこ)著 『和食薬膳のすすめ』を読んだ。

中医学の陰陽五行論については、ちょっとは知っていたが、この本でよく理解できた。とはいえ、とても難しいので基礎の基礎を教わった感じだ。

しかも、薬膳といっても、すべて和食での話に置き換えて頂いているので、とても身近な話となり、受け入れやすかった。

しばらくは、首っ引きで確認しながら役に立てたいと思う。

宇宙一切を動かす「数霊」の超メッセージ

3次元の肉体を持っている自分とは別次元の自分。ハイヤーセルフと言ったりもするが、その存在が確信になってしまったのだが、その手の情報を裏付ける本が舞い込んでくる。

これもシンクロニシティとして、素直に受け入れている。

どうやら、3次元の肉体を持ったまた、高次元の自分としても生きる。というような事が起こるようだ。それをアセンションと言ってもよいようだ。

そのためには、「宇宙のリズムで生きる」という事が大切になる。

ひとつは、直感力を磨くということ。

思考や判断を通さずにダイレクトにひらめきを通して答えを導き出す。そういった生き方にシフトした方が、宇宙のリズムに合ってくるということだ。

こういったことは、男よりも女の方が長けているので、女性性の時代と言われるのだと思う。

2つ目は、心と身体を浄化(デトックス)して、自分の波長を整えていくこと。

デトックスが流行しているのも偶然ではないってことだ。ただし、心の浄化という点では、まだ世の中に浸透していない。ホ・オポノポノなどを利用して心の浄化も進めないといけない。

化学物質、農薬、添加物、有害電磁波、ストレスを避け、水を飲む、太陽エネルギーを浴びるのが有効。

3つ目は、愛を選んで生きること。

究極的には、愛の行動と恐れの行動の2つしかないので、自分で選択をしていくことが大切なのだ。

続きを読む 宇宙一切を動かす「数霊」の超メッセージ

個人備蓄の時代

副島隆彦著 個人備蓄の時代を読んだ。

著者も言っているが、ある程度お金を持っている小金持ち向け。大金持ちは海外に移住をどんどんしている。我々庶民にはちょっと手がでない話。

電気を自分で作って、貯めて、食料も作って貯める話。まぁ、出来る範囲でやるしかない。

逆転の発想で、電気や食料が少なくても暮らせるようになってもいいはず。1日1食でもやっていけるので、それが現実的だ。

日本人はなぜ日本のことを知らないのか

竹田恒泰著

ここにもマインドコントロールが潜んでいるってことだ。

自分の国を知り、誇りを持つことを教えない。そのくせオリンピックなどではメダルの数を数えさせる。ご都合主義もいいところ。

だが、それ故に、未来の世界を考えた時に、ナショナリズムを超える事が出来る民族として、日本人が世界をリードする可能性はあると思う。

日本よ!今地球運命の最底値からこう脱出せよ

未来予測アナリストの高島康司氏と、占星術をベースに未来予測を行うスティックエバーズ氏の対談本を読んだ。パラダイムシフト後の世界について語っているが、なかなか現実感が沸かなかった。

あくまでも予測なので、予測が外れても問題ないが、長期の予測は多くの人で共通しており、現在のパラダイムから大きく変わっていく事は避けられないだろう。

ただ、それが何時になるのか、何がきっかけになるのか予測するのは困難なのだそうだ。

光明著『2013年からムー大陸の再浮上が始まります』

タイトルは仰々しいが、高次元の存在のメッセンジャーとして、光明氏が神のシナリオのひとつを紹介している。

本書のシナリオどおりには進んでいないようだが、世の中が大変化することは間違いないので、大変参考になる。

ムー大陸とか、資本主義の崩壊はさておき、大変化を乗り越えるために覚えておきたいことを以下に書き出しておく。

続きを読む 光明著『2013年からムー大陸の再浮上が始まります』

スティーブンキングの「霧」

スティーブンキングの「霧」を読んだ。

スケルトンクルーという短編集に入っている、中編小説だ。

TVで偶然「ミスト」という映画を観て衝撃を受けたので、いろいろ調べたら、実はスティーブンキングが原作だった。

映画のラストは、原作の小説にはない話なのだが、その部分は、映画監督がキングに承諾を得て追加したもので、キング自身も気に入っており、このラストを思いついていたら、小説に書いていたと言ったほど。

DVDをレンタルして、映画もノーカットで観てみた。TVでは、重要な個所までカットされていた。

TVで映画を観てから、原作の小説を読んだので、場面を思い浮かべるのが楽だった。最後にDVDで観て締めくくったが、それもまた新鮮で実に楽しめた作品になった。

池田整治著『ついに来たプラズマ・アセンションの時』

池田整治著『ついに来たプラズマ・アセンションの時』を読んだ。

以前、覚醒誘導で前世に導かれた時に降り立った地上は、現在のどの大陸でもなかったのだが、それがムー大陸だとわかった。(気がする・・・)

プレアデスのどこかの星からやってきて、ムーの時代に生きたらしい。(たぶん・・・)

現在の人類の歴史がわかってきた。

初めに地球にいた「爬虫類型の人類」は、成長し、アセンション(次元上昇)によって5次元以上の生命体となって、地球を卒業。シリウスの方へ旅立った。

その後、プレアデスにある知的に高度な生命がいる星から、今の人類が太陽系にやってきた。その理由はまちまちだと思われる。

火星や金星に来た人類は、順調に成長して5次元以上にアセンションしたようだ。

しかし、地球に入った我々人類は、なかなか成長できず、いまだ3次元での輪廻転生をくりかえしている。

その理由は、シリウスに旅立った爬虫類型の人類が地球に里帰りした時に、勝手に済みついた現在の人類に対して反感をもったレベルの低い者たちがいたからだ。

その者たちは、ムー大陸で穏やかに暮らしている人類に対して争いを起こした。その者たちが降り立ったのは、アトランティス大陸だ。

その争いの結果、双方の大陸は沈むことになる。

その後、ムー大陸にいた人類は、近くにあった日本列島に移り、一部の者が高度な知的文明をもって生き延びた。それが、縄文・ヤマト文明になる。

そこでは、一切の争いの痕跡が残っていない。まさに楽園だった。

一方、アトランティスから生き残った者たちは、ヨーロッパに逃れ、森の民となる。

日本列島から、大陸に渡った人々が、古代シュメール文明を築き、その後の4大文明へと継承されていく。

そして、大陸から次々と里帰りしてきた者が、日本を創った。

だから、日本人は大陸から渡ってきた渡来人が作った国ではなく、元々、大陸へ送り出した人々が里帰りして出来た国なのだ。

その成果が、平和な高度都市文明を築いた江戸時代に顕れる。

その後、アトランティスからの流れをくむ、西欧人に明治維新を起こされて、江戸時代は終焉してしまう。

その後は、度重なる戦争と、敗戦後の米国支配へとつながり、無残な姿となってしまった。

やはり、一部の者たちによる、世界支配。ワンワールドの計画が実在するのだが、その計画も最近ではうまくいかない事も多いようだ。

ムー大陸が沈む前に、聖書の暗号を書き換えたムーの最後の王のおかげかもしれない。そのあたりは、『聖書の暗号』を研究されたし。

とはいえ、ここいらで、西欧が持ち込んだ悪徳を見直して、自然に帰り、魂の癒しと成長をとげるために、日本はがんばらねばならない。

なにしろ、日本は世界の雛型なのだから。

そして、いつか地球と共に次元上昇する日も来るのだから。

東野圭吾『悪意』

東野圭吾『悪意』を読んだ。

加賀恭一郎シリーズの4作目。

犯人はすぐに捕まる。しかし、その動機がわからず捜査していく。

そして、加賀刑事が動機を明らかにしていく。

事件解決とおもいきや、犯人の隠された悪意が・・・。

まったく、こんな話を書けるなんて東野さんはすごいと思う。面白かった。