薪ユーザーによる森林整備活動に参加

平成26年9月27日(土)、薪ユーザーによる森林整備活動に参加しました。

埼玉県環境部みどり自然課が主導して、入間市宮寺にある「さいたま緑の森博物館」の森林整備を実施。博物館といっても展示物はほとんどなく、自然博物館だ。

今回整備作業をするのは、薪ユーザーなど、木を利用したい人たちを募集して集めたメンバー。

Jpeg

今回は下草刈りを行った。

2年前に伐採をした場所が雑草で覆われてしまったので、下草を刈ってあげることで、木の成長を促すことができる。

Jpeg

午前中と、午後の少しの時間でだいぶ綺麗になった。

JpegJpeg

この活動の趣旨としては、木を利用することからスタートする里山の再生ということだ。

さいたま緑の森博物館は、雑木林や湿地、田んぼなどの武蔵野の風景が広がる場所。そのなかの雑木林を維持するために、定期的な伐採をしている。

その伐採をした木は、放置され腐るだけだったのだが、数年前から我々JWS(日本薪ストーブユーザー会)のメンバーで運び出して薪として利用させてもらっていた。

しかし、数名のメンバーで運び出せる量などたかがしれている。

今回の活動は、県が薪ユーザーに伐採した木を配布するのを条件として、森林整備活動に参加してもらおうという事を実験的に始めたもの。うまくいけば、もっと多くの木の利用ができるだろう。

さて、木を利用することから里山の再生をしたいわけだが、そもそも「里山」とは何か?

里山というのは暮らしの中で利用する薪や炭を手に入れるために、人間が木を育てて管理してきた森林を指した言葉だ。

日本では、薪や炭を利用した生活が長く続き、煮炊きや暖房を賄ってきた。しかし、エネルギー革命と称して、石油、ガスの利用に切り替わり、今ではオール電化で電気に置き換わっている。

その結果、薪炭利用は激減し、利用されない里山は伐採され、造成し住宅などに変わった。わすかに残った里山も人の手が入らない事でやはり崩壊した。

伐採しても崩壊し、伐採しなくても崩壊するとはどういう事か。

里山の木を伐採しないで放っておくと、木が成長しすぎてしまうのだ。

里山の木(クヌギやミズナラなど)は、薪や炭として利用するために毎年伐られているが、伐るのは10年~20年生のものだ。

伐ったあとにはどうするか。植林?いやいや、植林ではなくそのまま放置するのだ。

放置しても、木を伐った切り株から新しい芽が生まれ新しい木が成長して、10年~20年後には、薪や炭として利用できるだけの大きさの木になる。

伐った切り株から芽が出る事を、「萌芽更新」という。

Jpeg

これは、2年前に伐ったクヌギ。切り株の脇から新しく3本の木が成長している。

Jpeg

高いところでは5mほどに成長している。この場所は日当たりもよく、周りに木もないので成長がはやいのかもしれないが、10年もすれば十分な大きさに成長しそうだ。

ここで人の手が入る。3本のうちの成長の良い1本か2本を残して伐ってあげれば、より早く成長するだろう。畑で作物を育てる時の間引きと同じだ。

さて、ここで面白い写真をご覧いただきたい。

Jpeg

これは、萌芽更新したクヌギの木から10mほど離れた場所にある、同じクヌギ。

なんとこれで6~7年生との事だ。

実は、このクヌギは植林したもの。苗木として3~4年育てたものを3年前に植林したそうだが、これしか成長していない。萌芽更新したクヌギと違い、薪として利用できるのは何年後になるのだろうか見当もつかない。。。

この植林したクヌギの場合、まだまだ栄養をためる力がすくないので、下手をすると雑草の勢いに負けて枯れてしまうそうだ。だから、春・夏・秋と年に3回ほどの下草刈りが必要になるとの事。

一方の萌芽更新したクヌギは、それほど頻繁にやらなくてもあまり雑草に負けないので、手間もかからない。

薪炭利用のために里山を維持するとしたら、萌芽更新なしでは成り立たないってことだ。この萌芽更新をうまく利用することで、日本人は生活の中のエネルギーを再生してきたわけです。

巷で言われる再生可能エネルギーって、もう以前からずっとそこにあったのですよ。

さてさて、話はもどって伐採しなかったために里山が崩壊したっていう件ですが、放置された里山の木は、20年ほどで伐られるところが、誰も伐らないためどんどんと木が成長してしまった。その多くは50年生、60年生となったが、これは人間と同じ高齢化したってことです。

高齢化した木を伐っても萌芽更新がおきません。高齢化出産が難しいのと同じですね。

若いうちに木を伐ってあげないと、木の循環がとまってしまうわけです。だから、今の里山は姿はあっても、里山としての循環は崩壊してしまっているわけです。

木を伐ることは森林破壊だと安直に考える人もいるが、里山の場合、木を伐ることで里山の循環を促すことになるのですね。

とはいえ、まだ萌芽更新してくれる木も残っているので、とりあえずは古い木は伐って、新しい里山を時間をかけて再生していくことが我々の使命だと思っています。

新しい木を育てるために、古い木を伐ること。下草刈りをして木を育てること。木を利用する人が増えれば、この森林整備を一緒にやってくれる人も増えるのかなと思うので、薪ストーブユーザーが増えるのは大歓迎です。

森林整備なんかしないよ、薪は買えばいいさっていうお金持ちも歓迎です。薪が売れれば商売が成り立つので、山にかかわる人が増えるってことに繋がるし。

薪ストーブは使わなくても、里山の状況を理解してくれて、木を伐ることが森林破壊じゃないっていう事を知ってくれるだけでも嬉しいです。

良く整備された里山は美しいよ。私が暮らしている場所は里山というよりも山里で、雑木林も少なく、植林された針葉樹がほとんど。

でも、いつか美しい里山になったらいいな・・・。ちょっと楽しみにしておこうっと(^^)

「浜辺の歌」 in 湯ノ沢サロン

毎月1回行われる湯ノ沢サロンにて、楽山人による「浜辺の歌」の演奏です。

私がアレンジした譜面を元に、森沢さんが別のアレンジで弾いてくれています。

そこに、松原さんがハーモニカでメロディを奏でるのですが、KeyGのアレンジのところにキーCのハーモニカで合わせてくれているので、サビ部分は、息をすってばかりになって大変なのです^^;

フラの先生から「この曲で踊りたいので音源を作って」と言われています。

フラの場合は振付と歌詞が密接な関係となるので、フラ用の音源はウクレレ2台とボーカルになります。松原さんにはケースバイケースでハーモニカとボーカルをやって頂くことになるかな(^^)

次のクリスマス会や来年のフラパイナで生演奏を頼まれそうなので、ちゃんと練習して良い演奏にしたいと思います。

んが・・・かなり楽しいのでこのままでも全然大丈夫ちゃ大丈夫だよ!(^^)!

楽山人のワークショップ+浜辺の歌ver2.1

今日は、楽山人のエコクッキングストーブ制作のワークショップが、ヤナギコーヒーにて開催されました。

昨夜から大雨で天候が心配されましたが、13時開始の時点では晴れ間ものぞき無事に開催できました。

今回は予約枠いっぱいの4組での作業でした。皆さん器用な方でしたので、作業は順調に進んでいたのですが、あと15分もあれば完成!というときに大雨が!

慌てて店内に避難。あんまり慌てていて写真も撮ってません。カメラ付タブレットを車に置いてきたからです(^^ゞ

そんな時はウクレレを弾くしかありません!急遽、楽山人主催のウクレレ教室が始まり、ウクレレ初めての方たちにCの循環コードを覚えてもらい、あっという間に「夢の中へ」をみんなで弾き語りです!(^^)!

どんどん楽しくなってきたところで、雨も上がり残念ながらウクレレはまた次回!ということで、残りの制作作業をして無事に4台が完成しました。テストバーニングでは若干湿っていた薪でも素早く着火。流石はロケットストーブです。

次回開催は未定ですが、興味のある方はこのブログまたはヤナギコーヒーにお問い合わせください。

山と関わることで、山の循環のお手伝いができます。是非よろしく!

続きを読む 楽山人のワークショップ+浜辺の歌ver2.1

「浜辺の歌」アレンジversion2.0

師匠の”かどさん”からアドバイスを頂きアレンジを変更しました。メロディが聴きやすくなり、弾きやすさがまったく変わりました!

やはり師匠です!流石です!ということで、さっそく動画と譜面を再アップします。

譜面:(PDFファイル146KB) 浜辺の歌ver2.0

楽譜の修正とコード、テンポの変更をしました 浜辺の歌ver2.1 (2014.6.29)

【参考動画】浜辺の歌ver2.1(2014.8.17)

できる事が増えてくると、やりたい事も増えてくる。でも時間は同じ24時間。しかも、年々時の経つのが速く感じられる・・・。んー長生きでもしちゃうしかないかな(^^ゞ

この年になってようやく好きな事ができるようになった。でもウクレレの弾きすぎで左腕が腱鞘炎気味。若い時ならば回復もはやいだろうにな。単に長生きするだけじゃだめかぁ。ある意味人生って残酷だな。。。

「浜辺の歌」のアレンジ

ウクレレを始めて1年が経とうとしていますが、今回、人生初のアレンジにチャレンジしてみました。曲は、「浜辺の歌」という歌詞が文語調の古~い曲。

地域ボランティアでウクレレを使った伴奏をしていますが、楽山人として披露できる曲があったほうがいいよねってことで、メンバーで曲を選びましたが、お年寄りに喜ばれるという事が主ですが、私が知っている曲ってことでこの曲になりました。今後、レパートリーを増やせたらなと思ってます。

途中、ヤナギコーヒーでアドバイスもらったり、その時ジョニー・ゴンザレス(芸名)さんからもアイディアをもらいました(笑)ありがとう!!

Guitar Pro 6 Lite というソフトを使って譜面を作ってみましたが、これも生まれて初めての譜面づくりで非常に時間がかかって大変でした。JASRACで調べると著作権は切れているようなので、譜面も公開します。

譜面:(PDFファイル144KB) 浜辺の歌

この譜面を元に、ウクレレ2台とハーモニカ1台での演奏に仕上がればと思ってます♪そうそう、譜面作成のアドバイスなども募集してますので、「ここはこうした方がいいよ」ってとこがあれば是非教えていただきたい!

ヤナギコーヒーのゆうきさんが、「お母さんが好きなので弾いてあげよう!」と言っていたので、参考動画もアップします。演奏はミスもあるし未熟で表現できてない部分もありますがそれはご愛嬌ってことで(^^ゞ

是非弾いてやってください。

楽山人塾にてワークショップ

飯能市にある駿河台大学の平井先生を中心とする平井ゼミの学生さん達が、我々楽山人といっしょに活動したいということで、名栗の奥、湯ノ沢にある「夏地」(なっち)という屋号を持つ民家を借りたのが2か月ほど前かな。

そして、平井ゼミはこの活動を『楽山人塾』と命名。光栄です!

とりあえず、学生が中心で民家の片付けや修繕などをやってきたのだが、今日はエコクッキングストーブを作るワークショップを開催し、楽山人のノウハウを伝授させてもらった。

もちろん、初めての体験なので様々な道具の使い方やコツなども含め学んでもらった。多分「メンドくせ~」作業なのだが、始まってみると意外とみんな楽しそうにしていてよかったよ(^^)講師役の森沢氏は何度もワークショップをやっているのでベテランです。

その他のおっさん達もまざって作業したのだが、「オヤジは手を出さずに学生にやらせなさい」って言わないと手を出しちゃうんだよね・・・(^^;子供の工作の宿題を親が作ってどうすんだよって感じ。まぁ、気持ちはわからないではないが、楽山人塾としては学生に身体と頭を使っていろいろ体験してもらった方がいいわけです。

雨のためガレージ内でスタートしたワークショップだが、完成する頃には日が出てきた。

無事に3台が完成!同時進行で作っていたエコクッキングストーブの料理も完成!

洗っただけのジャガイモをダッチオーブンにぶち込み、小1時間ほど蒸し焼きにしただけなのに、ダッチオーブンの遠赤外線効果で芯までホクホクの絶品でした。

写真を撮る間もなくあっという間このとおりの売れ行き。

楽山人塾のみなさんお疲れさまでした。今度は山仕事か薪割りかな~。是非よろしくね♪

第9回のCafe Sodesuriを開催

今夜は偶数月の第一金曜日の18時から、飯能市内の蔵を借りて行われる「CafeSodesuri」でした。

「袖すりあうも多生の縁」と申します。ちょっとしたつながりも、何度も生まれ変わっている多くの生の中でのご縁があったからでしょう。ということで、只々ご縁がある人を集めて飲み会をするという会です。今日は子供も含めて30人くらい集まったでしょうか。

本日は拓殖大学でファシリテーションを進めている先生がご一家で参加してくれました。ウクレレをやりたい、名栗の方に住みたいというご希望を持っていたので、早速ウクレレを披露し一緒に弾き、名栗の話をしました。聞けば奥さんがヤナギコーヒーの奥さんと同じ助産院だとか・・・つながりますねぇ(^^♪

また、東邦の音楽団に在籍していたクラリネット奏者の方が贅沢なBGMをやってくれています。多分普通はお金がかかるはずです(^^;

伴奏はちゃんとした楽団のクラリネットが抜けた音源をPCで再生し、このちっちゃなボーズでスゲーいい音出してました。

なにしろ音楽で家族を養ってきたという方なので、現役の時は頭がおかしくなる位演奏で忙しかったそうです。

そんな人にウクレレをリクエスト頂き、「二人でお茶を」を披露したところ、大変お褒め頂きました。アレンジがいいんですね!やっぱり(^^)/

相棒のM沢さんも加わって、歌謡曲の歌本を広げてのセッションをお願いしました。ほとんど歌謡曲は知らないといいながら、初見の楽譜をみてメロディーを吹いてくれます。そこに我々二人のウクレレがコードをジャカジャカ。

そうすると、歌いたい!という人から次々にリクエストが入り、3人で7,8曲位やりましたか(^^;流石にお酒を飲みながらクラリネットを吹くのは大変で、最後はウクレレ2本で流しのようになっていました(笑)

そんなバカ騒ぎになってしまいましたが、楽山人のメンバーはこのSodesuriから始まっているんですねぇ。中々有意義な集まりとなっています。次回は8月です。どーぞヨロシク。

楽山人の山とそのふもとの土地

今日も楽山人の山の伐採を行った。午前中の作業で8本の伐採は、前回、前々回の各4本からすると倍増だ。だいぶメンバーの手際が良くなってきたということですな。

途中、楽山人の山を預けてくれたおばあちゃんの案内で、その敷地を確認。その広大さに改めて驚く!

この石垣の上に小屋を建てる予定だ。この手前の土地は畑にしてもいいし、お金があれば太陽光パネルを設置して発電なんてことも可能だ。

とはいえ、とりあえず草刈しとかないといけない(^^;

小屋を建てたら、石窯を作るつもりだが、その石窯内部にロケットストーブを埋め込むというアイディアが持ち込まれ楽しみが増えた。

今日の作業で、また山に日がさすようになった。こうして木を伐ることで山が若返るのだ。

我々は歳をとっていつか居なくなるが、この楽山人の山は残っていくだろう。今日も中学生メンバーも参加してくれたし、新しい若い世代も入ってくれている。

山が若返るように楽山人も若返ってくれれば最高だね(^^♪