続・モリレレにピックガードを付けてみた

ピックガードを付けたモリレレだったが、指板の高さとピックガードの高さの違いが少なすぎたせいか、ストラム時に指の逃げ場所が無くなってしまった!!

指板とトップ面の高さの違いはやはり必要だったのだ!多分、ウクレレを作っている人には常識だが、素人は経験してみないとわからないという。。。まぁ身をもって知ったということで良しとしよう♪

ということで、下側のピックガードを交換した。

3mmのアクリル板を取り外して、1mmのアクリル板の指板側部分のみ2枚重ねにして、指板->2mm->1mmとなるように段差を付けてみた。

写真でわかるかなぁ・・・、右側が3mmのアクリル板で作ったもので、左側が新しく1mmのアクリル板で作ったもの。10mmくらいの幅で指板側が高くなっている。

交換後弾いてみると、ストラム時に指が逃げられるので弾きやすくなった。

上側のピックガードはとくに問題ないが、見た目の事を考えるといずれ交換した方がいいかな。とりあえずこれでピックガードについてはクリアとしよう。よし、練習だっ!

モリレレにピックガードを付けてみた

ウクレレを弾くと爪が削れてしまうので、ウクレレの指板のフレット(金具)を16フレット以降は全部抜いてもらった。

おかげで、爪は削れなくなったが、ウクレレのトップ面からの指板の高さがあるため、演奏中に木を叩く音が入ってしまう。

高さが3mm~4mmくらいあるだろうか・・・

そこで、3mmのアクリル板を使ってピックガードを作ることにした。

以前作ったフェイクピックガードの型紙から型を取り、電動糸鋸でくり抜く。

こんな感じ・・・。ちょっといびつな部分もあるが、あとはヤスリをかけてなんとかしよう。

高さ的にはいいでしょう。透明なアクリル板なので、エッジを削ったあとにカッティングシートで黒くします。

やっぱり、素人仕事なので見た目は良くない・・・まぁ、演奏も素人なので今はこれで良しとしよう(笑)

両面テープでウクレレトップに張り付けるが、以前貼り付けてあるカッティングシートの上に貼れば、トップ面をおかしくすることはないだろう。

はい完成!指板の高さは気にならなくなりました。

これで存分にストラムできますね。
これでまた沢山練習できるな(笑)

次は、製作者の森沢さんにお願いして、サドルを削って弦高をちょっとだけ低くしてみたい。もっと弾きやすくなるかな?

【ソロウクレレ】ミズタマリ(かどさんアレンジ)

先日、おらが村のウクレレ喫茶、ヤナギコーヒーに遊びに来てくれた、勝手に”おらが師匠”と決めている「かどさん」が大好きだという、「ミズタマリ」というキヨシ小林さんの曲です。

この曲はかどさんの自主製作CDのタイトルでもあり、1曲目に収録されています。とても大切にされているであろう曲のかどさんアレンジバージョンを弾きました。

とはいえ、かどさんのような演奏技術がないので、自分で聴いても全然ちゃう!って事は承知してますので、その辺はご容赦下さい。

ほぼ毎日のように弾いていますが、初めはキヨシ小林さんの「ウクレレメソッド」に楽譜が掲載されているので、その楽譜から弾き始めて、かどさんのアレンジをかどさんのブログでみたり、CDを聴いたりしていろいろと試してきました。

最終的には、ヤナギコーヒーにて1m先で弾くかどさんの演奏をしっかりと見て、なんとかこのアレンジを弾けるようになりました。

今後は、ストラムをもっと工夫したらいいのかなぁと思っていますが、まだまだ道のりは遠そうです。

とりあえずの一里塚って事で(笑)

【ソロウクレレ】見上げてごらん夜の星を(ジェイクバージョン)

「見上げてごらん夜の星を」のジェイクバージョンの楽譜が手に入ったので、かどさんの動画を参考にして弾いてみました。

結構練習しましたが、所々間違えています。でも、現段階では精一杯なのでそのままアップしました。もっと良くなったら再度チャレンジしたいと思います。

この曲は、地元のフラグループの為に歌を歌って音源を作ったり、地域福祉の会のクリスマスコンサートで、リコーダーとの協奏をする予定があったりと、ちかごろ縁があるのでソロでも弾いてみました。歌詞も改めて読むととても良いし、とても良い曲だと思いました。今さらですが(笑)

ウクレレ三昧の日

今日はウクレレ三昧な一日だった。

午前中は、ヤナギコーヒーで定例のウクレレ会。来月のクリスマスコンサートの練習とフラの音源録音。

自宅に戻って昼食後、午後からは上名栗の湯ノ沢サロンにおじゃまして、ウクレレを使った歌の伴奏ボランティア。

地域のお年寄りが集まっておしゃべりをしたり、歌を歌ったりという集まりをサロンというそうで、こういった集まりは数十年前に日本でもはやったそうです。

ただ、世代によって流行り廃りがあるようで、我々の世代が高齢になったときには、サロンという形態はなくなっているだろうとの事。まぁ、どんな形になるにせよ、地域の繋がりは大事になっていくのでしょう。

そのサロンが終わるころにヤナギコーヒーからのメールが入り、レレデボッサのキヤマンさんの勉強会に参加されている女性が来店しているとの事で、ヤナギコーヒーにトンボ帰り。

半年単位で行われているウクレレ勉強会に来年1月から参加させてもらうことになりました。ヤナギコーヒーのユウキさんも月に1度の勉強会にいっしょに参加することに・・・しかもその日はお店を休業しての参加とか・・・初心者ではなくある程度弾ける人しか参加できない勉強会なので、二人ともやるき満々です(笑)

試しに弾いて見せろというヤナギさんの指令で、「世界は日の出を待っている」を演奏。テンポ240での演奏じゃまだまだちゃんと弾けません(汗)この曲は、来月のYano大学の発表会までにある程度弾けるようになりたいので、頑張らんとな。

といったわけで今日は仕事もせずにウクレレ三昧の幸せな一日でした♪

PRIVATE NAIL SALONに行ってきました

ネイルサロンに行ってきました。もちろん爪にネイルをしてもらいにです!

名栗にあるプライベートネイルサロンで、グァテマラと日本のハーフの”ジョアン グンジ”さんが自宅でやっています。下名栗の高台にあり、掃除とDIYが大好きというジョアンさんは、とっても素敵に自宅を改装していました。

爪のほうには、かなり派手な色や飾りをつけてもらいました!!

なぁ~んて事はなく、ウクレレを弾きすぎて人差し指の爪が削れて血が出そうなくらい痛かったので、爪が削れないようにコーティングしてもらいました。人差し指だけです。

ヤスリで削らないと削れないくらい固いそうなので、ウクレレで削れずに爪が伸びてくれることを祈ります。

このネイルは3~4週間くらい持つそうなので、来月の発表会前にまたやってもらおうっと♪

もちろん、普通の綺麗なネイルもやってくれるので、興味のある方は是非行ってみてください。

予約はこちらかな。
beauty4everywomen@gmail.com

アコースティックアンプを購入♪

RolandのAcoustic Chorus AC-33を買った。

モリレレの試作機には、ピックアップが内蔵されているので、ヤナギコーヒーではアコースティックアンプに繋いで弾かせてもらっていたが、ずっとマイアンプが欲しくて狙っていた品。ACアダプターのほかに単3電池8本でも鳴るので、どこでも弾けるのだ。

新品が定価で39,900円。中古品やヤフオクでも29,800円くらいだったが、展示処分品でちょっとキズありの品が、31,500円で出ていたので、これはチャンス!とついついクリックしてしまった(笑)

そのキズがこちら。

ちょっとだけキズが付いて剥げているだけだ。2mmか3mmくらいか・・・この程度で中古品並みに値段が下がるっているのも、売る方がかわいそうだな。

地元のお年寄りが集まる食事会の後に、ギターやウクレレを伴奏にして歌を歌っていただく会があり、その伴奏をやるように言われたので、ウクレレ+このアンプでお役に立てそうだ。

毎月ヤナギコーヒーで開催される、プロミュージシャン矢野忠さんの「出張!Yano大学 飯能校」の発表会が来月に迫っているので、そこでも使っちゃおう!楽しみだ♪

名栗地区文化祭の発表会

おらが村の文化祭には、展示部門と発表会部門があり、その発表の中にフラがあるのだが、そこのリーダーは、ヤナギコーヒーでのウクレレ仲間。

そんな関係で、フラの伴奏に必要な歌を歌ってほしいとのご用命をいただいた。

曲は「見上げてごらん夜の星を」だ。

なぜ私なのかというと、女性が歌うにはキーが低いし、男性が歌うにはちょっと高いらしい。そこで「歌える?」と聞かれ、「歌えます」と即答。まったくお気楽な性格だw

早速ヤナギコーヒーに相談して歌とウクレレを録音した。

歌の無い、リコーダーが演奏している音源があり、そこにかぶせる形でウクレレと歌を入れ、CDに焼いたものを提出し、本日そのCDが流れたわけだ。

今日は、ウクレレ仲間数名で現場に集まり、単なる”賑やかし”として、そのCDで踊るフラに合わせてウクレレを弾いてきた。

会場が広すぎて生演奏のウクレレの音はほとんど聞こえなかった。アコギなどと違ってウクレレの音は小さいなと再認識。

12月には、同じ場所でクリスマスコンサートの演奏を担当するので、良い下見となったな。

肝心の歌はどうかというと、駆けつけた私の両親には好評だったよ(笑)身内だからね~。

そんなことで、村のイベントに音楽で参加するということができたわけだが、来年はウクレレチームで参加できたらいいねぇ。村のおばちゃん達のカラオケに混じるだけだからとっても気楽だしね。よし、ちょっと考えてみよう。フラの人たちも楽しそうだったし♪

ちなみに、この写真のチームは「見上げてごらん夜の星を」のを踊ったチームとは別だ。だって、その時はウクレレ弾いてたから写真撮ってないし~。ちなみに、このフラのチームには、ヤナギコーヒーのユーキさんも入っている。とても楽しそうに爆笑して踊っていたのが、とっても印象的だった(笑)

【ソロウクレレ】いつか王子様が(Someday My Prince Will Come) 

キヨシ小林さんのウクレレジャズに掲載されている、いつか王子様が(Someday My Prince Will Come)を弾いてみました。

ウクレレは、森沢さんが作ったモリレレ006です。夜、撮影したので暗いし、演奏が下手なのはいつもどおりという事でご勘弁を。。。

とにかく、早くモリレレの演奏をアップしたかったのですが、村の文化祭で踊るフラの為に、ヤナギコーヒーで「見上げてごらん夜の星を」の唄入れなどをしたりと、なんだかんだ忙しくしてます(笑)

お蔭様で音楽活動がいろいろあって楽しいです。仕事や楽山人のこともあるので大変ですが、どんどんやりたいことが増えていて、休んでなんかいられない!って感じです。とにかくやるだけやってみます♪

”モリレレ”の試作機が完成!

楽山人でウクレレ仲間の森沢さん作のウクレレ。『も』の6号機。勝手に”モリレレ”という愛称をつけてそう呼んでいるw

これはウクレレキットなるものを組み立てて作ってあるのだが、そこは相手が木材なので、反りやゆがみを調整していい音を出すのはきっと大変な作業だろう。自分では作ろうなどと思えない(笑)まさに、職人技だな。

森沢さんは自作ウクレレを10台作ったら、副業で「ウクレレ組立屋」なる商売を始める予定で、私はそのお客様第1号に立候補している♪

すでに、作ってほしいウクレレは決まっていて、(1)コンサートサイズ、(2)15フレット以上は金具を付けない、(3)ピックアップ内蔵、(4)材質はコアの単板というリクエストを出している。

それは『も』の11号機ということに決まっていて、シリアルナンバーは011となる。数字は11だが、商品としては1号機だ。

今回、商品ではない6号機、シリアルナンバー006を、私のリクエストを考慮した形で作ってくれた。リクエストの(2)の15フレット以上は金具を付けないという部分以外は実現している試作機だ。

これがいい!とてもいい!!コアの単板の音色もgood!

今日、ヤナギコーヒーで披露してもらって、そのまま借りてきた。厳密にいうと、自分のウクレレを担保にして借りてきたので、今は交換という形になっている(笑)

できたてのホヤホヤなのに、しっかり音はなっているし、弦高も調整済で弾きやすい。ちょっとうまくなったと勘違いしてしまうほどだ。もう手放せない!011の完成まで待てない!ということで持って帰ってきたのだ。

しばらく貸してもらって、011へのフィードバックをして、より完成度の高いものにしなければならないのだが、楽しくて仕方ない♪

とりあえず、ヤナギコーヒーでアコースティックアンプに繋いで音を出してみたが、いつも聞いている感じと違って面白かったな。この試作機はギター用のピックアップなので、ウクレレ用の音色とは違うだろうが、自分でもアコースティックアンプを買っていろいろと試してみたい。

いやぁ、森沢さんいい腕してますね。きっと商売うまくいくよ♪こっちは弾くのに専念させていただきます。ますます練習せねば!頑張るぞ~!!

【ソロウクレレ】 Fly me to the moon

スタンダードジャズのFly me to the moon をかどさんのアレンジで弾いています.

まったくもうやっと弾いている感じが嫌ですね。もっと気持ちよく弾けるようにならないとなぁ・・・

さて、これから仕事だ。そういえば初の作業着姿での演奏かな(笑)

【ソロウクレレ】 Pearly Shells (真珠貝の唄)

楽山人の中のウクレレ弾き4人で、ハワイアンの代表曲「Pearly Shells」を弾き語りしようという話があり覚えた曲。

こちらの動画ではソロウクレレで弾いてますが、4人での演奏は歌をうたいながらです。12月に発表会があるので、それまでにハモリなども完成させたいなと。

となりで煙を出しているのはロケットストーブを改良したクッキングストーブ。

地元名栗の栗を茹でています。今年の栗はなかなか美味いです。

【ソロウクレレ】 ミズタマリ (ウクレレメソッド) 

キヨシ小林さんのウクレレメソッドに掲載されている「ミズタマリ」です。

多くの皆さんが、「なんで顔を出さないのか」とおっしゃるので、恥ずかしながら顔をさらしてみました。元々このブログでも顔を出していますし、ネットでの顔出しNGではないので問題はないのですが、拙いウクレレ演奏を出すとなるとちょっと恥ずかしいですね(笑)

とはいえ、ほぼ知っている人しか見ないでしょうから良しとします。演奏の方は大目に見てやってください。

これからも定期的にウクレレ動画を掲載していきますので、少しでも成長する記録になればいいなと思っています。