正式に改名しました(^_^;)

ひと月ほど前の投稿で、名前の漢字を変えましたという記事を書きましたが、いくつかの理由でストップがかかりました。

まず、「彦」という漢字が父親から一文字受け継いでいる字であること。

そもそも「彦」という漢字は、神様の名前で使う漢字だということ。

最後に、「彦」が使えず名前が変わる改名をするなら苗字も含めて、全体的によい名前にしてしまった方がよいということ。

ということで、『村峪 祝祐』(むらたに のりすけ)に改名しました。

DSCN1047

とはいっても、戸籍の名前を変えたのではなく、ビジネスネームというか通称名といいますか、今後の生活をしていくための名前を改名したということです。

しかも、仕事や「もりたにあ♪」に影響が少ないよう「むらたに」残しですし、「のりさん」要素も残しました(^_^;)

ただ、呼んで頂けるなら、「のりさん」でもいいですし、「ノリスケ」でもOKです(^^)

今回は、正式に神社さんとご先祖さんにも改名報告をし、もちろん両親にも報告しました。ですので、当分はこの名前で暮らしていきますので、皆様よろしくお願い致します。

『もりたにあ♪』出演予定

第4回飯能ものづくりフェアに今年からライブステージができます。そのステージに「もりたにあ♪」も出演させていただきます!各組30分程のステージということで、結成8か月の「もりたにあ♪」の少ないレパートリーを駆使し、さらに新曲も2曲準備中です(*^^*)
よろしければ遊びにいらっして下さい!

日時 5月16日(土)13時40分「もりたにあ♪」出番
場所 飯能中央公園芝地ものづくりフェア会場内

14時40分 15時40分からは矢野忠師匠のステージもありますので、そのついでに「もりたにあ♪」もご覧下さい(^^ゞ

DSCN1045
DSCN1044

「もりたにあ♪」プロフィール

森沢修(もりさわおさむ)と村峪祝祐(むらたにのりすけ)によるウクレレ・デュオ。2014年9月結成。二人ともアラフィフ。

ユニット名は、森沢の”もり”と村峪の”たに”の組み合わせがアフリカにあるモーリタニアの国名に似ていたため、それをもじって命名。♪までが名前。

主に地元の飯能市内で活動。飯能市民会館小ホールで行われた映画「カンタ!ティモール」の上映会での演奏や、ウクレレカフェ「ヤナギコーヒー」でのイベントにて演奏。

レパートリーは、「Sweet Bitter Candy」や「上を向いて歩こう」、「風をあつめて」など、昭和歌謡が主体で、ちょっとマイナーな曲が得意。曲によってメインボーカルが変わる弾き語りでのハーモニーやカズーのソロなどが特徴。

ジャカソロをやりたい人が増えている?

今回、ギターの弾き語りなどをやっているベテランミュージシャンのお友達から、「ジャカソロをやってみたい!」ので、動画をDVDに焼いて欲しいとの嬉しい依頼がありました♪

きっかけは、先日のヤナギコーヒー定期演奏会での特別ゲストで演奏した、かどさんの「世界は日の出を待っている」のようです(^^)あの演奏は素晴らしく、初めてちゃんとしたジャカソロをライブで聴いた人はびっくりしたんじゃないかなぁ・・・圧巻でした!

そんなかどさんの演奏とは比較にもなりませんが、ジャカソロを始めるための練習用としてなら喜んで提供したい!ってことで、「世界は日の出を待っている」を撮りなおしました。

今年の正月に撮った時よりはマシにはなっていますが、すべての音をキチンと出せるようになるには、まだまだ私自身の練習が足りていませんね(^^ゞ

まぁ、少しずつでも進歩できれば良しとしましょう!では、よかったらお聴き下さい。

おまけリクエストで、「Daydream Believer」も撮りました。こちらもよろしければどうぞ!

新ミツレレNo.287で「私の青空」 (My Blue Heaven )

Rolling Coconuts #66 に掲載されているキヨシ小林さんの譜面とかどさんの動画を参考にして、私の青空 (My Blue Heaven )を弾きました。

DSCN1042

「ウクレレスタジオ七里ヶ浜」にメンテナンスに出していたミツレレを引き取りに行った時にRolling Coconutsが置いてあり、かどさんの動画でいいなぁと見ており、以前YANO大学でも課題曲として弾き語りをして知り、好きになった曲なのでした。

さて、生まれ変わったミツレレNo.287の弾き心地は最高です!ひと月以上離れてみて、自分のミツレレの音の魅力を再発見しました(^^ゞ

弦高調整のおかげか、とても弾きやすく上手になったような気がしちゃいますが、なんといっても音が心地よくなった気がします♪

ヤナギコーヒーさんやその常連さん達の意見をメモしておきます。

・ハイコードのピッチが以前より良くなった。
(弦高調整のせいか?)

・じゃじゃ馬的な音色の角が取れた。音が丸くなった。
(弦高調整と上下に増えたピックガードのせいか?)

・ピックアップからアンプを通した音が断然よくなった。アンプ側で調整いらず。(ピエゾピックアップの性能か?)

ということで、概ね良好ですが音楽を始めてまだ2年弱の若輩者には、皆さんのようにはっきりとはわかりませんが、生音でもアンプを通してでも以前よりも弾いていて心地が良いっていうくらいかな^^;

まぁ今は仕方ないでしょう。とにかく、ミツレレを購入して丸1年のメンテナンスは大成功ってことです。最高にお気に入りのウクレレとなりました。このウクレレの能力を最大限に引き出せるように演奏技術を高めたいな~と思うのでした♪

ミツレレ引き取ってきました♪

本日4月7日(火)、メンテナンスが済んだミツレレNo.287を引き取りに、ウクレレスタジオ七里ヶ浜へ行ってきました!

DSCN0988[1]

・ブリッジ交換

・ピックガード(ローズウッド)を交換し、上側に追加

・Mi-Si TRIO UKE(Acoustic Pickup)の取り付け

・トップ板にドライバーを落としてできた傷の補修

・弦高下げ

1ヶ月以上もレンタルしていたミツレレtypePを弾いていたので、久しぶりのご対面です。

Mi-Siのピックアップが付いたため、持った感じ若干重くなっていますが、元々軽いウクレレなので問題なし。

DSCN1041[1]

トップ板の傷は同様の材を使って埋めて頂いたので、正面から見たら全然わからない(^^)/

DSCN1039[1]

ピックガードは、上下についたのでかどさんの初号機と同じでカッコいいです。ブリッジも新しいものに交換されています。

DSCN1040[1]

実は、今回の訪問はヤナギコーヒーご夫妻や、常連さんたちも一緒のミツレレ工房見学ツアーでした!

DSCN1038[1]

みんなで楽しく過ごさせていただきました。三井さんにウクレレ演奏をお願いする一幕も(^^)

DSCN0963[1]

お忙しいところ、大勢で押しかけてすみませんでした。参加者からはミツレレが欲しい~との声もチラホラ!ミツレレ仲間が増えれば嬉しいです。でも今から制作をお願いすると2年待ちだそ~です。やはり人気ですねぇ、ハンドクラフトギターフェスにも出展されるとのことなので、欲しい方はチャンスですよ(^^)