続・モリレレにピックガードを付けてみた

ピックガードを付けたモリレレだったが、指板の高さとピックガードの高さの違いが少なすぎたせいか、ストラム時に指の逃げ場所が無くなってしまった!!

指板とトップ面の高さの違いはやはり必要だったのだ!多分、ウクレレを作っている人には常識だが、素人は経験してみないとわからないという。。。まぁ身をもって知ったということで良しとしよう♪

ということで、下側のピックガードを交換した。

3mmのアクリル板を取り外して、1mmのアクリル板の指板側部分のみ2枚重ねにして、指板->2mm->1mmとなるように段差を付けてみた。

写真でわかるかなぁ・・・、右側が3mmのアクリル板で作ったもので、左側が新しく1mmのアクリル板で作ったもの。10mmくらいの幅で指板側が高くなっている。

交換後弾いてみると、ストラム時に指が逃げられるので弾きやすくなった。

上側のピックガードはとくに問題ないが、見た目の事を考えるといずれ交換した方がいいかな。とりあえずこれでピックガードについてはクリアとしよう。よし、練習だっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。