エコストーブで炊飯

NEC_0130.JPG

エコストーブに「かまどさん」を使って、ご飯を炊いてみた。

燃料は薪割りの時に出たナラの皮だ。

T曲のフタについては、外した方が空気の流入量が増えるので強火向け、ちょろちょろ焚きたいときはフタをするという、火力調整で使えそう。

熱いのでペンチなどを使うと便利。

15~20分ほどでかまどさんからプツプツと米の炊ける音がしてくる。上蓋の穴から湯気が出てきたら1~2分で火からおろす。

ガスのように安定した火力ではないので、キッチンタイマーを使って計るわけにはいかない。

そこは音を聞いて、目で見て判断するしかないが、昔から炊飯とはそういったものだったろう。

後は経験が上手に飯を炊いてくれるということだ。

火から下して20分ほど蒸らして完成!

なんだか上手く炊けた様子。

火加減によってはおこげもできるかまどさん。今日はどうかな?

今日はおこげなし。

普通に上手に炊けてしまった(笑)

誰が炊いても上手に炊ける「かまどさん」のおかげです。

電気やガスが止まっても、炊飯は間違いなくできることがわかって安心した。

火を熾したり、火加減や炊き具合に注意を払うのは面倒だけど、それはそれで楽しいことでもあるんよな。

便利さと楽しさと両方を手にすることができる暮らしというのは、とても豊かなんだと思ったのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。