自社サーバを設置

初めて常設の自社サーバを立ち上げてみた。

弊社はSOHO(スモールオフィス・ホームオフィス)のホームオフィスなので、自宅が会社となっており、場所を選ばず仕事が可能なのだが、24時間常時稼働させるサーバを設置するとなると、その音が気になるので避けてきた。

それが、PRIMERGY TX100 S1という静音サーバが入ったので、初の常設サーバとなったわけだ。

このサーバは22dBという、「木葉のふれあう音」レベルなのだが、それでも夜中につけっぱなしで作業させていると耳障りなのだ。

そこで、我が家の家電の中でもっとも騒音を出している冷蔵庫の上に置いてみた。

冷蔵庫は24時間常時稼働していて、ブーンという音を常に出していてうるさい。そこに紛れさせようという作戦だ。

まずは、LAN配線を冷蔵庫の上まで行い、電源は冷蔵庫用のコンセントが空いていたのでそれを利用。UPSはまだ無い。

冷蔵庫の上に置いたところ、サーバの音はまったく気にならなくなった。

耐震対策として、サーバの足は固定テープで冷蔵庫の上部に貼り付いている。

メモリはnon-ECC2GB×2枚で4GB(最大8GB)

HDDは、システム用として250GB、DATA保存用に1TB、バックアップディスクが1TBの3台という構成。(最大4台)

サーバには、Windows Home Server 2011 をインストールしてあり、今のところファイルサーバ機能とSQL Server Express を利用したデータベースサーバとしての機能のみだ。

サーバのメンテナンスは社内からのリモートアクセスで可能にしてある。サーバの向きを逆にした方が、サーバケースをオープンしての物理的なメンテナンスも可能だっかかも。。。

今後は、Webサーバ機能や、社外からのリモート接続機能などを追加してみたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。