名栗出張演奏会に参加した

「名栗すこやか村」という、名栗の旧家で現在は大松閣という旅館を経営している柏木家の古民家を使って、特別支援学校などの子供たちが宿泊学習をしている場所にお邪魔して、演奏会やフラダンスなどを披露した。

演奏会は三線が4台とウクレレが5台くらいで、「涙そうそう」を弾いた。

3か月前に始めた三線だが、結局この曲しか弾けない。”工工四”(くんくんしー)という文字ばかりの譜面になじめなかったからだ。

でもまぁ、その唯一の曲を人前で披露できたので、三線はこれで良しとしよう(笑)

実は、今は三線でもなくギターでもなく完璧にウクレレにハマってしまっている。

1か月半前にウクレレcafeに行ったことがきっかけだが、その後人から借りたウクレレをずっと弾いている。もうかれこれ、ひと月ほどお借りして弾いているが、飽きるどころかどんどん楽しくなっているので、自分のウクレレを買おうかと思っている。

その相談をした人がこの人。

ワンマンバンドで子供たちを楽しませているのは、プロのミュージシャンで矢野さん。

元々はギターリストだったそうだが、ウクレレも30本以上もっていて博識だ。ウクレレcafeのヤナギコーヒーに来て、ウクレレなどを教えてくれている。

この後の夜には、ヤナギコーヒーでウクレレセッションがあり、大勢が参加してウクレレやギターなどで楽しく演奏した。

矢野さんにウクレレの演奏を聴いていただき、ウクレレ購入の相談をしたが、楽器屋さんに行って、トップレベルのものからなにから、とにかくたくさん弾いてから選んだ方が良いとのこと。

楽器屋さんにはいつも行っているそうなので、近いうちに一緒にお供をさせてもらえる事になった。

ヤナギコーヒーの主人もとても詳しいし、プロにも相談できるし、まったく良い環境にいるよね。そのおかげか、他のウクレレ仲間も良いウクレレに出会って購入しているのだ。

三線とウクレレは、とても相性が良い楽器なので、これからも一緒に演奏すると思うが、今後はウクレレで参加させてもらおっと。その方が、もっと楽しいと決めた一日だったのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。