ホームベーカリーを買った

Panasonic ホームベーカリー ノーブルシャンパン SD-BMS104-N アマゾンで17,800円だった。

どうせ使わなくなるかもしれないから、安い機種で充分いという意見も散見したが、「安物買いの銭失い」を繰り返したものとしては、学習能力を発揮できたのか・・・。

とにかく、ひと通りの機能があって、使いやすそうだ。

とりあえず、「パン・ド・ミ」を作ってみました。皮の部分が薄くて美味しい。変な混ぜ物があるパンを食べずに、自分で作った安心のパンを食べるのは良いね。

フランスパンも焼けるし、もち、うどん、パスタなどもOKなので、いろいろと試してみたい。

これが本当の「冷えとり」の手引書

進藤 義晴さんの書いた「冷えとり」の本。

本書にも記載がありますが、患者の依存心の強さに困り果てて、病院を閉めたそうです。

たしかに、半身浴の間が退屈だとか、ぬるめの湯がだんだん冷たくなるとか、靴下の重ね履きをしたら靴はどうしたら良いのかなど、自分で考えて自分で対処すればよい事まで、全部医者に頼るようなひとは、自然療法は無理かもしれない。

そういう人は、なんでもやってくれる西洋医学の病院に行って、思う存分依存して多くの料金を払って、挙句の果てに治らないと文句を言っているのが関の山だな。

病気は自分で治すもの。医者が治せるものではない。

病気は自分の生活を見直して、自分と向き合うためのありがたいメッセージなのだと、改めて気付かされる。

今、「冷えとり」による好転反応の「めんげん」で結構大変だが、それもこれも自分の生活習慣が悪いから。因果応報なのだ。

それでも、なかなか悪習慣は治らない。己の弱さを痛感する。

和食薬膳のすすめ

武 鈴子(たけ りんこ)著 『和食薬膳のすすめ』を読んだ。

中医学の陰陽五行論については、ちょっとは知っていたが、この本でよく理解できた。とはいえ、とても難しいので基礎の基礎を教わった感じだ。

しかも、薬膳といっても、すべて和食での話に置き換えて頂いているので、とても身近な話となり、受け入れやすかった。

しばらくは、首っ引きで確認しながら役に立てたいと思う。

宇宙一切を動かす「数霊」の超メッセージ

3次元の肉体を持っている自分とは別次元の自分。ハイヤーセルフと言ったりもするが、その存在が確信になってしまったのだが、その手の情報を裏付ける本が舞い込んでくる。

これもシンクロニシティとして、素直に受け入れている。

どうやら、3次元の肉体を持ったまた、高次元の自分としても生きる。というような事が起こるようだ。それをアセンションと言ってもよいようだ。

そのためには、「宇宙のリズムで生きる」という事が大切になる。

ひとつは、直感力を磨くということ。

思考や判断を通さずにダイレクトにひらめきを通して答えを導き出す。そういった生き方にシフトした方が、宇宙のリズムに合ってくるということだ。

こういったことは、男よりも女の方が長けているので、女性性の時代と言われるのだと思う。

2つ目は、心と身体を浄化(デトックス)して、自分の波長を整えていくこと。

デトックスが流行しているのも偶然ではないってことだ。ただし、心の浄化という点では、まだ世の中に浸透していない。ホ・オポノポノなどを利用して心の浄化も進めないといけない。

化学物質、農薬、添加物、有害電磁波、ストレスを避け、水を飲む、太陽エネルギーを浴びるのが有効。

3つ目は、愛を選んで生きること。

究極的には、愛の行動と恐れの行動の2つしかないので、自分で選択をしていくことが大切なのだ。

続きを読む 宇宙一切を動かす「数霊」の超メッセージ

5歳になりました

「ことら」が我が家に来てから今日で丸5年だ。

野性味あふれる生活は変わらないが、最近、左腕を蛇に噛まれたらしく、びっこを引いている。

ようやく膿がでて傷が塞がってきたので、じきに復活するだろう。多分、もう蛇にはチョッカイを出さないだろうな。