SIMカード契約と「ほぼスマホ」

各社の格安SIMカードを検討した結果、BIGLOBE 3G』を使ってみることにした。

理由はいろいろあるが、WiMAXのエリア外でも使えるというのが大きい。DoCoMoのMVNOなのでFOMAエリアは全部使えるのだ。

SIMカードもDoCoMoのカードが送られてきた。

FOMAのハイスピードまで対応しているので、下りは最大で14Mbps。WiMAXの40Mbpsよりは劣るが、メール、スケジューラー、Webでの調べ物、マップ、ナビ、モバイルIP電話など、速度的に問題なかった。

料金が、スタンダードプランは月額2,980円だが、デイタイムプランという2:00-20:00まで限定利用なので、月額1,980円。これは、WiMAXの3,590円から大幅ダウンとなる。夜の8時にはさすがに家にいるのだ。

さらに、ほぼスマートフォンなるものがタダで手に入る。キャンペーンによるプレゼントだ。

それがこれ。

MEDIAS NEC-102 瞬撮対応の防水・極薄スマートフォンというのが売りだ。

確かに薄くて軽い。

いままで、HT-03Aを使い続けてきたが、さすがにAndroid1.6では、世の中の便利アプリに対応できない。さらに、モッサロイドと言われるくらい動作が遅いので、ついにスマホを新しく買うかなと思っていたのだ。

海外SIMフリーのスマホなども物色してみたが、自分の用途を考えると最新版でなくてもOK。

この無料のほぼスマホでも感動的な位ネット環境が良くなった。テザリングも5台まで可能なので、WiMAXのモバイルルータは完全に不要になる。持ち歩いているノートパソコンに接続してみたが、レスポンスも悪くない。

ほぼスマホというのは、SIMカードをいれても通常のケータイ電話にはならないから。そういう仕様にしてあるらしい。ただ、モバイルIP電話として、AGEphoneを入れているので、IP電話としては利用可能だ。

カメラ性能が良いとか、ワンセグ対応とか、防水、赤外線など使わない機能まで盛りだくさんだ。

Androidは2.3だが、十分満足している。ただし、スマホなので電池のもちは悪い。まぁそれも、ガラケーとの2台持ちなので、特に問題ではない。

とにかく、当分これでいこうと思う。そうそう、BIGLOBE 3Gは2年縛りというデメリットがある。違約金は9,975円。

しかし、その値段をほぼスマホの代金と考えれば問題ない。もっとよいサービスが出たらまた乗り換えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。