東野圭吾『悪意』

東野圭吾『悪意』を読んだ。

加賀恭一郎シリーズの4作目。

犯人はすぐに捕まる。しかし、その動機がわからず捜査していく。

そして、加賀刑事が動機を明らかにしていく。

事件解決とおもいきや、犯人の隠された悪意が・・・。

まったく、こんな話を書けるなんて東野さんはすごいと思う。面白かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。