秩父の足ツボ

月に1回の頻度で、秩父の足ツボに通っている。日の出足心法院というところですが、末期がんの人が治ったりするくらい効き目のあるところなのだ。

ここでアレルギー体質を変えられないかと通っているのだが、私の場合人よりも腎臓の働きが弱いらしい。足裏にある腎臓のツボはカッチカチだった。

その腎臓の解毒力が弱いため、人と同じように飲み食いすると、解毒できなかった分を肝臓で解毒しようとして、肝臓に負担がかかり、肝臓が弱ってきて、さらに胆のうにも負担がかかり、胆汁の出も悪くなってさらに解毒力が下がるという悪循環。

日の出では、全身のリンパや血液の流れをよくするために、固まっている筋肉などもほぐしてから、足ツボを押すのだが、そのときに使うのが、写真にある「忍耐桐の棒」なのだ。あの先の尖っている部分も使ってグリグリ押される。

大抵は女性よりも男性の方が痛みに弱く、なかなか耐えられないそうだ。しかし、私の場合、長年アトピーと付き合ってきており、普通の男性よりも忍耐力があると言われている。実際、「痛い」とか「やめてくれ」などと言ったことは無い。

で、自宅でも自分で毎日足ツボマットに乗ってグリグリ、「忍耐桐の棒」でもグリグリしているせいか、足の裏が柔らかくなってきているのがわかる。腎臓のツボも棒が奥まで入るようになってきているのだ。

体質改善には時間がかかるが、これから先の人生の大きな楽しみの一つになっているのです。今日も自分でグリグリしますよ(笑)

「秩父の足ツボ」への5件のフィードバック

  1. なにやら怪しげな棒っきれの数々! 文章を読んだだけで「ぶるっ」ときたよ〜。アトピーとはいえ、大変な苦労があるようですな。薪狩りでどんどん体を鍛えようね! ところで、おぢいも先日ちょっとした拍子に、肋骨に1本ひびが入ったようだ! 過去2回の経験から、これは間違いない気がする。それでも、おぢいは薪狩りに勤しむのだっ!

  2. 肋骨にひびですって!!
    そりゃくしゃみとかすると痛そうですね。

    その状態で薪狩りとは、さすが「ワイルドぉぉ」(笑)

  3. はじめまして。官足法からたどってこちらにまいりました。
    日の出先生の施術でその後の経過はいかがですか?
    是非教えていただけたらと思います。
    痛みが恐ろしくてなかなか勇気が出ない私です。。。

  4. 日の出医院は結構な料金でずっとは行けませんでしたが、忍耐桐の棒と足ツボマットは使ってます。

    体質改善とまではいきませんが、以前よりは良くなりました。ただ強烈に痛いので勇気が必要なのは間違いないです(^^ゞ

    私は男の割に我慢強いので大丈夫でしたが、叫ぶ人も多いです。

    とは言え、なんだかんだでみんな耐えますから大丈夫ですよ。それに、あまりに痛がる人には手加減もあるかも(^^)頑張って下さい!

  5. 早速返信ありがとうございました!!
    そうですよねぇ、やっぱり勇気入りますよね…。
    私もわりと痛みには強い方な気がしますが
    みなさん失神しそうと言われているので(汗)
    まずは簡単な講習とかセミナーに参加してみようかと
    思います。
    ありがとうございました^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。