フェンス部分の完成!

天高く馬肥ゆる秋。

空が青くて気持ちがいいが、日差しはジリジリ熱いくらいだ。

そんな中、残りの縦板を張り終え、一応フェンス部分の完成をみました。パチパチ♪

今月中にフェンスの修復をする計画だったので、計画通りに事が運んで幸せです。

来月は、筋交いなどで補強しつつ、屋根をかけていきます。

日中は暑いですが、朝晩はだいぶ寒くなってきましたから、薪作りも進めていかないといけません。会社の仕事ばかりでは、冬は越せないのだ(笑)

新ノートパソコンの起動時間

新しく買ったノートの起動時間を計ってみた。

初期設定をして、使う予定のないマカフィーの”アクティベートして使ってね”メッセージが邪魔なので、即効でアンインストールした状態で、数回起動時間を計りました。

スタートアップにブラウザを登録しYahoo!Japanが表示されるようにセット。電源スイッチのボタンを押してから、Yahoo!のトップページが表示されるまでの時間を計ります。

なぜって?だってその方がわかりやすいんだもの・・・。別にYahoo!じゃなくてGoogleでもMSNでもOKです。

結果はというと、平均55秒くらい。まぁ特に速くはないが3万円しないPCですから(笑)
最新機種だと10秒起動とかってCMで言ってるけどホントかな?

ちなみに、今まで使っているノートパソコンでも、同じようにスタートアップにブラウザを登録し、Yahoo!を表示するようにして計測したところ、平均38秒くらい。なかなか優秀です。

スペックを並べてみます。

新PC(Acer Aspire One 722)

  • CPU AMD製 Dual-Core C-50 (クロック周波数1.0GHz)
  • メモリ 2GB (DDR3 PC3-8500)
  • ビデオ MOBILITY RADEON HD 6250
  • 記憶装置 HDD320GB (Serial-ATA 5400回転/分)
  • OS Windows 7 Home Premium 64bit
  • ブラウザ Internet Explorer 9

現PC(FMV-BIBLO MG/B75)

  • CPU Intel製 Core 2 Duo P8400 (クロック周波数2.26GHz)
  • メモリ 2GB (DDR3 PC3-8500)
  • ビデオ Mobile Intel GM45 Express
  • 記憶装置 SSD64GB (Serial-ATA Seq-Read 240MB/s)
  • OS Windows 7 Professional 32bit
  • ブラウザ Google Chrome

やはり、HDD->SSDへの換装をしているので、OSの読み込み速度が速く、BIBLOの起動時間が短いのでしょう。

時間ができたら、Acerのメモリを4GBに交換、HDDをSSDに換装するので、どれくらいタイムが短縮するのか楽しみです。

・・・また報告します。

フェンスの進捗

外水道のフェンス修復はなかなか進んでいないのですが、今日は仕事の電話とメールに対応しながら、なんとか進めることができました。

フェンス

柱が2本追加され、外水道を囲むような感じになってきました。

水平と垂直、直角などをキチンと出さなくてはいけないので、微調整をしながら組んでいきます。

猫が乗っても壊れません(笑)

とりあえず、骨組みは完成です。後は、フェンスらしく囲って、最終的には屋根がかかりますが、道のりはまだ遠いです。

今日はフェンスの板張りの途中までで終了。残り4枚はペンキを塗ってから打ち付けますが、続きは来月からになりそう・・・。

新しい仕事仲間が増えました♪

Acer(エイサー)製のAspire one(アスパイア ワン)722シリーズです。

出先で使えるノートパソコンで、持ち運びが楽なものが欲しいなぁ・・・と思っていたのでちょっと価格COMで探してみました。

バッテリ駆動6時間以上、重量1.5kg以下、液晶サイズ11インチ以上、Windows7のStarterは嫌だ、予算は5万円以下で・・・

という条件で検索してみたところ、このAspire One 722と、ASUS(アスース)製のEee PC 1215Bがヒットしたのです。

Aspire one 722

  • モニタ 11.6インチ
  • 重量 1.46kg
  • 駆動時間 7時間
  • Windows Home Premium 64bit
  • メモリ2GB(スロット1空きなし)

Eee PC 1215B

  • モニタ 12.1インチ
  • 重量 1.4kg
  • 駆動時間 6.5時間
  • Windows Home Premium 64bit
  • メモリ2GB(スロット2空き1あり)

EeePCにはメモリスロットに空きがあり、メモリの増設が容易って事で、EeePCにググッと惹かれたのですが、Eee PC 1215Bはタッチパッドの反応が時々悪くなる不具合があり、マウスをパソコンと一緒に持って歩きたくない派の私は、Aspire oneに気持が傾ていったのです。

そして、とどめを刺したのがその価格。なんと初め3万円台で推移していた価格が、新製品でも出たためか3万円を切ってしまったのです。

結局、29,790円にて購入致しました。

思ったよりも安く買えたので、新品の2GBのメモリを外して、購入した4GBのメモリに交換しようという贅沢ぶり。(この機種の場合メーカー保証は受けられなくなります。最大で4GBらしい)

さらに、SSDを購入して、新品のHDD320GBから換装しようという魂胆です。

そんな贅沢をしても4万円ちょっとという事で大満足です。

さ~て、メモリ増設とSSD換装でどれくらい速くなるのか楽しみです。

「自宅を素敵に!」計画始動

先日の台風で、自宅の外水道横のフェンスが壊れました・・・。風でなぎ倒されていました。

もう作ってから何年たったろう・・・。ついに限界です。

去年の12月からこっち、仕事ばかりをしていて家のことがほとんど出来ていない。水道周りも荒れてしまったなw

そこで、「自宅を素敵に!」して、気持ちよく暮らしていこうという計画を立てました。その第一弾として、壊れたフェンスを直すついでに、この場所を素敵に改造しちゃいましょう!

この場所は屋根がなく雨ざらしなので、棚の上に鉢植えを置いたりすると泥跳ねして壁を汚します。

置いてあるものが汚れたり、さびたりします。そうしてフェンスも傷んだんだね。

そこで、パーゴラを作って、一部をフェンスにします。さらに屋根をかけて雨があたらない場所にしましょう。

すでに昨日のうちにジョイフル本田で材料の一部は買い物済み。さっそく工事開始です。

柱は4本立てます。既存のフェンスの束石が2つあるので、新しいのは2つね。水準器をつかって水平には気をつけて!

セメントは流してません。パーゴラが自宅と接する構造にするので大丈夫だという判断。まぁ、後から流すことも可能だし。

75mmの角材を白くペイントして2本立てました。こういう手作りのものはやっぱり白がいいでしょう。当然垂直に気をつけて立てます。

とりあえず今日はここまで。ペンキが無いのと、腰が痛いということで(笑)

あとは、壊れたフェンスを解体して、ペンキを塗って、柱を2本立ててフェンスを作ります。

屋根はまだ先だね。がんばろうっと!

HT-03AにカスタムROMを導入(3:まとめ)

ひきつづき、HyperJ 1.5bPatchをインストールしましょう。

ROMを入れ替えたところ、デフォルトで入っているアプリ以外の、マーケットから落としたアプリはきれいさっぱり居なくなっていました。

HyperJ1.5->HyperJ1.5bへの入れ替えでも同じことですので、HyperJ1.5bにしてから再インストールした方がいいですよ、2度手間にならなくてすみます(涙)

こんな風に初期化されるみたい。

新しいホーム画面です。

ブラウザ、マップ、Gmail、カレンダーなど、仕事で使うものはデフォルトで入っていました。それで、肝心のサクサク感ですが、公式1.6と比較して確実に速くなったことは体感できます。

しかし、すべての動作がってわけではなく、やはりもっさりする場面はよく出てきます。これは、HT-03Aの性能の限界なのかもしれません。

あと、HyperJ1.5bにしたところ、カメラのシャッター音が消えました。これでどこでも遠慮なく写真がとれます。もちろん、盗撮などはしませんけどw

いろいろと環境を整えて完成です!

ROM Managerには、以前の公式1.6も残してあります。

困ったらいつでも元にもどせます。

とりあえず、これでしばらく使ってみるつもり。

Android2.1ベースの「CyamogenMod 5.0.7」が576MHzまでOverClockできてさらに速いという噂もあるので、また時間ができたらやってみよう。

HT-03AにカスタムROMを導入(2:ROMのインストール)

ROM Managerを使うと、HT-03AからカスタムROMをダウンロードしてインストールする事もできるようですが、事前にパソコンを使って、HyperJ 1.5とHyperJ 1.5b Patchをダウンロードして、端末のSDカードに入れておいたので、SDカードからROMをインストールします。

まずは、HyperJ 1.5からです。

HYPER_J_1.5.zipをタップします。

現在のROMをバックアップできるので、「ROMのバックアップ」と「データとキャッシュのワイプ」にチェックをつけてから「OK」しました。ワイプって消去とかリセットっていうことみたいだけど、写真とか音楽とかは残ります。

再起動をするとROMのインストールが始まります。10分以上かかったかも・・・。コーヒーでも飲んで気長に待ちましょう。

新しい画面だ!

無事にカスタムROMのインストールが完了し、起動できました。

この手順で問題ないと思いますが、2度と起動しないというリスクもあるようなので、自己責任でやるのは当然ですね。問題が起こっても私に解決できるスキルはないっすよ。どうぞよろしく。

HT-03AにカスタムROMを導入(1:リカバリユーティリティ)

もっさロイドといわれるHT-03Aをサクサク動かしてみたいという事で、カスタムROMを導入しました。

いろいろなROMを調べたところ、標準で日本語が使えてサクサク感もあるという評判から、Hyper-J 1.5bをチョイス。Android1.6ベースのROMですが、2.1とか2.2ベースのカスタムROMだと、かえって重くなるという話もあったので。

以下に導入手順を記録しておきます。

まず、おおまかな手順は・・・

  1. ルートの取得(これは済んでいる)
  2. リカバリイメージを書き換えるソフトの導入
  3. カスタムROMに書き換える

という感じです。ルートは既に取得しているので、今回はリカバリイメージを書き換えられるようにする事からです。

リカバリユーティリティとして、RA-sapphireを使おうかとも思ったのですが、パソコンとHT-03AをUSB接続し、UNIX系のコマンドを使って操作するよりも、もっと簡単にできるアプリがあるということで、ROM Managerというアプリを使いました。

Androidマーケットで、ROM Managerで検索すれば直ぐに見つかりますので、そのままインストール。インストール直後の画面です。

すかさず、「ClockworkMod Recovery」を導入をタップします。

端末の種類は、「Ion/MyTouch 3G(GSM)」でいいみたいなのでタップ。

管理者としての実行する許可を求められるので、当然「許可」をタップ。

はい、これでリカバリイメージの書き換えができるようになりました。