原発は全基廃炉で良い

原発に関してはいろいろな情報が錯綜しています。

福島第一原発の正門前まで行って、ガイガーカウンターで放射線量を測ってきた副島さんの学問道場によると、現在の状態が続くのであれば心配ないという。

ヤスの備忘録によると、1号機と2号機が再臨界している恐れがあり、今後さらに深刻な事態になることも考えた方が良いという。

そんな中、中学2年生アイドルの「藤波心」ちゃんが、自身のブログで大変理路整然と自分の意見を言っている。まだご覧になっていない方は是非読んでください。

まったく、自分が14歳の頃なんて部活のテニスと女の子の事くらいにしか考えてなかったぜ(笑)大変立派な考察で恐れ入りました。

コメントが13000件を超えていて大変な反響です。中には、酷い中傷をする大人もいるようですが、原発関係者なのでしょうか・・・恥ずかしいですね。

私の意見は、原発は日本中にあるものすべて廃炉にすべきです。

電気が不足するならそれに合わせた社会にしましょう。それに、現在のエネルギーを売ることで儲けている勢力が只隠しにしているフリーエネルギーの技術が世に出てくれば、原発はおろか、火力発電も水力発電も不要になるという情報もあります。

そういった情報公開がなされるように、日本国民の声を原発反対で統一させなければならないのかもしれません。

悲しいかな、現在は原発推進派しかテレビにでられませんから、原発はいまだに必要だという洗脳がされています。

そんな原発が無いと暮らしていけないという刷り込みがされた人たちも、どんどん目覚めていってくれないと、第2、第3の厄災が起きないとも限りません。

ずっと続いている余震は、「日本人よ早く目覚めよ」という啓示なのかもしれませんよ。

今回の大地震が、新しい世の中になるきっかけなのだとすれば、日本を復興して元に戻すのではなく、もっと新しい世の中にするために、ひとりひとりが、がんばっていかないといけませんね。

立川にて先生の日

なんだか更新をさぼっていましたが、相変わらず仕事三昧の日々をおくっています。

昨日は、パソコン整備士養成講座の第3期の2回目でした。

3期生は3名と2期生の11名スタートと比べると寂しいです。これでもギリギリになって2名が参加してきたので、初の1名スタートを覚悟してましたよ。

やはり、震災の影響で申し込みをやめたり、不景気のため資金が回らないという事があるようです。まぁこの講座は結構な料金しますからねぇ・・・講師料は安いですが(笑)

ともかく、2期生の時と同じ立川市民会館の5F第2会議室なので、懐かしさもあります。しかし、ここは黒板に白墨、プロジェクター用のスクリーンなし、会議室用に四角く配置された机を毎回並べ替える必要があるなど、あまり講義をするには良い環境ではないんです。

2期生は人数がいたので、机の配置などすぐに終わりましたが、今回は人数が少ないし、午前中はだれも参加されないので、自分一人で机を2台だけ配置換えして使ってます。

まぁ、そんなこと言われてもわかる人の方が少ないですね(笑)

窓の外に目をやれば、立川は各所で桜が満開です♪

私の住んでいる山奥はまだ咲き始めたばかりです。川辺の桜が満開になったら、お弁当を持って花見でもしようっと。