IKEA新三郷

昨日は、吉川市で1件だけ仕事があったので、ついでにIKEA新三郷に遊びに来ました。一人ではつまらないので妻も同伴。

仕事の方は、キャンセル手続きだったので10分弱で完了!ついでの方がメインです(笑)

IKEAは面白いが、一回でいいや・・・広くて疲れちまった。

それよりも、吉川市で入ったスーパーにあった「二木の菓子」が楽しかったねぇ~。肌に合いましたよ。

最近は、仕事で毎日100km~200kmも車を運転しており、12年目のMOVEが177,777kmに到達してしまった。ところどころ調子が悪いところもありながら、よく走ってくれます。

まだ買い換える予定もなく、当分直しながら乗り続けます。とりあえず、20万kmを目指そうか!

相模原校が開校

パソコン整備士養成講座の相模原校が、今日から開校しました。
「サン・エールさがみはら」という施設で、教室の環境は抜群に良いです!

プロジェクターを映すスクリーンが、ホワイトボードの上から下りてくるんです。
えっ?そんなの普通ですって?いやいやそういう場所ばかりじゃないんですって(笑)

今回は、ホワイトボード+マーカーなので、文字が書きやすいのが嬉しいな♪

しかし、今回の受講生はなんと!わずか2名です・・・。
前回の立川校は11名でのスタートだったので、ちょっとどころか、かなり寂しい感じです。

人数的には寂しいのですが、これも私に与えられたお仕事ですので、一生懸命に努めさせて頂きます。

そうそう、近所に「餃子の王将」を見つけたので、それも楽しみ来ようかな(笑)

と、思ったら1階のレストランに「離宮」を発見!

しかし、メニューをみると気軽に入れるお値段じゃありませんな・・・ランチメニューならなんとか・・・(笑)

この場所までは、平成23年3月まで無料実験中の八王子バイパスを通って、1時間10分ほどで来てしまった。意外と近くてビックリ。これからしばらく通うので、一回くらい行ってみましょうかね。

村祭りの準備

2010-10-19_142930.jpg

今日は楽しい?村祭り!10年ぶりに行司というお役目を頂き、朝6時から準備をしています。

名栗村の八坂神社のお祭りで、夕方6時半から花火を打ち上げます。打ち上げるときには、「○○さま、ご奉納~♪」みたいな、口上があり、花火代を出した人全員の名前を読みます。もちろん、地区の人間は、一世帯あたり最低3,000円は出しているので、私の名前も読まれるはずです。

毎年10月19日と決まっており、平日でもおかまいなしってところが伝統を感じさせます。実際、江戸時代の文政くらいから続くそうです。

戦争中も線香花火で代用して続けるという徹底ぶりです。厄除けの神様で、花火を上げなかった時には、疫病が流行ったらしく、それから欠かさないとのこと。

天気もなんとか持ちそうだし、今年はまだまだ暖かいほうなので楽だな。さて、夜は花火を真下から見ますか(笑)

聖書の暗号は読まれるのを待っている

最近、忙しくてなかなか読み進められないですが、今ハマっている本です。

イオン・アルゲイン著とありますが、この方は日本人で、世界中の人に読んでもらうためにこのような名前にしているそうです。

前文明のムーの時代から続いている、愛と闇の勢力との争いという切り口から、今の人類とはどういった存在なのかを教えてくれます。

情報ソースは、ヘブライ語で書かれている旧約聖書です。この聖書を等間隔に飛ばして文字を拾っていくと、意味のある言葉が出てくるというもので、偶然の一致で済ませられないような確率で出てきます。

まだ、読んでいる途中ですが・・・・私たちが学校で教わった歴史や、世の中の常識とされているものは、闇の勢力がコントロールしている情報なわけです。

いわゆる非常識といわれる、宇宙人の存在、メソポタミア文明以前のムー、アトランティス、レムリアという前文明の事を知らなければ、なぜ、いつまでも戦争が無くならないのか、なぜ、一部の人たちだけがお金持ちで、世界中に不幸な境遇の人々が溢れているのかを理解できなかったのです。

闇の勢力が、聖書に始まる宗教を利用して、人々を支配しており、その支配に気付かないように、情報をコントロールしているのですね。実に簡単な事です。

現在、多くの人々が、闇の支配=マインドコントロールから解かれ始めています。

それは、闇の勢力がその力を失い、愛の時代へと変わっていく流れの中で、当然のことのようです。

商売人が、このような非常識とされる事柄を、自分のブログで書くなどという事も許される時代になっていると信じています。一昔前なら、「あいつはトンデモない事ばかり言う信用できない奴だ」と、後ろ指を指されていることでしょうね(笑)

いずれにしても、この流れは変わらないでしょう。これから、資本主義=競争の時代が崩壊していくので、一時的には、大変な世の中になるでしょう。私の商売もどうなるかわかりません・・・。

それでも、いずれは愛を基にした共生の時代になれば、そんな事はどうでも良い事なのかもしれません。

一部の勝者のみが幸福を享受するのではなく、すべての人が分かち合って、幸福になる世の中が早く来ると良いなと思います。

First Kitchenのベーコンエッグバーガー

若葉ウォーク内のフードコートにあるFirst Kitchenでベーコンエッグバーガーを食べました。

我が田舎町周辺には、First Kitchenはめずらしい存在なので、20年ぶりくらいに食べたかもしれない・・・。とても懐かしい味でした。

江古田で一人暮らしをしている頃に、池袋あたりで食べた記憶が蘇った。当時はとても新鮮で美味しかったなぁ・・・今でも同じ味で、美味しいのですが、モスバーガーを食べ慣れるとねぇ。やっぱモスには敵わないかな(笑)

最近は、毎日何かしらの仕事で出かけているので、一日休みという日が無い。あっちこっちと飛び回るのは良いのですが、そろそろゆっくり怠けたいかなぁ。

昨日も、元上司の社長様から、試験問題作成のオファーがありましたが、内容が難しいのと、納期が短いので、御断りしました。長時間パソコンに向かって作業するのも好きじゃないからな・・・御免なさいです。

例のプロバイダ切り替えの仕事で、埼玉県内をあちこち回っていますが、相変わらずキャンセルを出しまくっており、儲かりもせず、これもいつまで続く事やら。

まっ、デスクワークから逃れられるので、それはそれでいい事にしよう(笑)

今日は、午前中に新座市とさいたま市見沼区。これから坂戸市で1件。家に戻ったら経理もやらんといかんなぁ・・・でも、天気が良いので、薪割りでもして身体を動かすってのもいいな。

さて、行くかな!ごちそうさまでした。

十三人の刺客を観た

せっかく仕事をさぼって東京に出たので、午後はとしまえんで映画を観た。

役所広司さん主演の「十三人の刺客」だ。

壮大なチャンバラだった。単純に面白かったので、2時間半も苦じゃなかった。

中でも、SMAPの稲垣吾郎ちゃんの非道ぶりはよかったねぇ・・・ジャニタレとしては立派立派(笑)

ただ、松方弘樹の遠山の金さん口調が気になってしまったな・・・確かに殺陣は上手だし、目の演技もすごいけど、金さんがチラチラしちゃったな。まぁ、好みかな。

とにかく、娯楽映画としては良いですねぇ。映画の日ということもあって、会場は混み合ってました。大ヒットということで良いでしょう。

あ~面白かった!

前世の話

今日は、仕事をサボって東高円寺まで、前世リーディングを受けに来ました。

このサイトの人に見てもらいました。この記事は興味のある方だけ読んでくださいね。

今回、45分の前世リーディングで、私の3つほどの前世が判明しました。

ひとつ前の前世では、東南アジア、今のミャンマーかタイのあたりで、高級木材を輸出する商売をしていたらしいです。

象に乗って山に入り、自分でも木を伐っていたようで、今の薪ストーブ暮らしに繋がるな(笑)

それらの材木を、船でマニラや日本などへ売ってたそうで、自分でも船に乗って、あちらこちらへ飛び回っており、そういう各地を飛び回る仕事が苦にならないんだとか。

時代は日本では幕末の頃で1900年のちょい前くらいか。

当時は、台風が来ると家が飛ばされ大きな被害となったのですが、西洋からもたらされた、堅い木材で住宅を建てるという知識を学んで、人の役に立ちたかったようで、そういう住宅用建材の商売もしていました。

船に荷を積むための港の整備したりと、当時としては先駆者としてがんばったそうな。

新しいもの好き、飛び回るの好き、特に船旅が好きだった人で、何か気に入ると、同じものばかり飲んだり食べたりする性格だったらしく、今でも同じような事してるなぁ。。。

その時の奥さんが、今の奥さん。昔の妻の性格が、今の妻とそっくりで笑いました(笑)

自分の提供した材木で建てた家が台風で倒壊し、人が死んだりすると精神的に落ち込んでしまったようですが、そんなときも、妻のおおらかな性格で救われていたそうです。

精神的なものだけでなく、山に入った時に毒蛇に左足のアキレス腱近くをかまれ、瀕死の状態から、妻の3日3晩の看病で蘇生しました。なんと、左足のその場所には、数年前に原因が良く分からない低温火傷をして、その跡がくっきりと残っています。不思議だねぇ。

その時に、目のクリクリとしたかわいい娘が一人いて、家にいるときはずっとまとわりつくような、仲の良い親子だったのですが、その娘が18・9歳で嫁いでからは、娘が36歳で病死するまでに3回しか会えなかったようです。その娘は、100kmも離れた遠い場所に嫁いだから。

その娘は、今生では私の妹になって生まれており、その理由は、私に伝えるべきメッセージが残っていたからで、そのメッセージを伝えた彼女は、今生に満足してこの世を去り、今は天界で忙しく働いているとのこと。もう輪廻転生は卒業したみたいで、魂としては立派な魂だったんだな。

その時は54歳まで生き、当時としてはわりと長寿です。

さらに、その前の前世では、インド西海岸に住んでいた。1600年前後の頃。

荷車を作る家に生まれ、その時の父親が今の父親と同じ魂だそうで、やはり、その時の父の性格と今の父の性格が一致して笑えました。

数学が得意だったようで、王家からの命令で、西洋の鉄砲製作の技術を学び、生涯を技術者として生きたそうです。

しかし、狩りに使われると思っていた鉄砲を、戦争好きの王様が、兵器として利用した事でショックを受け、精神的に苦しんだ生涯だったようです。技術を後世に残す事を拒んだらしい。

独身でしたが、身の回りの世話をしてくれた女性のうちの一人とは、今生でも仕事をしているか、これからする事になるようですが、年齢や身体的特徴に合致する人がいないので、これから出会うのかなぁと。

さらに、もっと前の前世では、中東のイランとかイラクあたりの砂漠の民。

ナツメなどの乾燥食品の行商人で、ナイルの方まで出かけており、やはりあちらこちらを旅していたが、それが性に合っているんだね。

妻は複数いたが、ほとんど家に居なかった。その魂とは今生では縁がないそうです。

商売は、金儲けよりも良い商品を届けて、喜ばれることが好きだった。一度付き合いがあると、信頼されるので長い付き合いになったそうな。今でもそういう商売をしたいですねぇ。

とまぁ、どの人生でも魂の癖というものがあるようで、同じような事を好み、行っているようです。

今やっているプロバイダ切り替えの仕事でも、営業サイドよりもユーザーの事を優先し、キャンセルを出しまくっています。そのうち、仕事干されるかも(笑)

それも、前世から続いている信念みたいなものですから、自信を持って続けて行こうと、気持ちがスッキリしました。

私にとっての、今回の前世リーディングは、大変有意義で役に立つものでした。商売の事もそうだし、妹の事も安心したし、妻は命の恩人だったし(笑)素晴らしい体験でした。

こういった事は、自分の人生の中で、出会う絶秒のタイミングというものがあって、自分自身の準備が整ったので、与えられたような気がします。まさに、今必要だったのです。

この記事を読んだ人にも、そんな絶妙のタイミングで、自分の前世との出会いが訪れると良いなぁと思います。