初めてのUQ WiMAX

自宅はまったくのサービス提供エリア外ですが、立川でのパソコン講座でインターネットの説明をするのに、市民会館では設備がないので、WiMAXでWebを見せながら講座を進めようと思い、UQ WiMAXを申し込んだ。

申し込んで2日で端末が来た。シンセイコーポレーションのUDO3SSだ。
3月末までのキャンペーン中で12,800円が半額の6,400円だった。

小さいし、コネクタ部が収納できるので良いです。

取り付けても邪魔にならないね。

初めて取り付けると、ドライバが自動的にインストールされます。

ウィザード方式なので、簡単にインストールできます。

インストールが完了するとデスクトップにアイコンが出現。

一応デバイスを確認すると、ネットワークアダプタにちゃんと追加されています。

デスクトップのアイコンをクリックすると、端末のプログラムを更新するようで、しばらく待ちます。

電波を探して、見つかるとサインアップ中となる。

WiMAX搭載機器に各種情報を書き込むそうだ・・・PCに書き込んでるのかUDO3SSに書き込んでるのかは不明。

おっ、無事に接続できたみたいだ。
IDやパスワードを入力して認証していないので、MACアドレスを使ってユーザーを認証しているのだろうか?

契約はUQ Stepという2段階定額制にした。使わないと380円。最大で4,980円だが、毎月目一杯つかうようなら、4,480円定額制のUQ Flatに変えましょう。すべて税込価格。

さて、問題は通信速度ですが、感覚的には自宅と変わらない・・・。なにしろ、自宅はド田舎なのでBフレッツもまだで、フレッツADSLの12Mサービスしか無いのだ。

感覚だけではなんですから、Speedtest.netにて、沖縄サーバとの通信をテストしてみました。 テスト場所は飯能市役所近くのデニーズ。

下りが3.46Mbps、上りが1.02Mbpsという結果です。やはり、自宅のADSLと変わらないかな。これだけ出れば問題なく使えるよ。

飯能・入間はそれほど高い建物も無いし、どこでもこれくらいは出てほしいな。
さてさて、立川の市民会館はどれくらいのスピードがでるかな?楽しみだぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。